【ダンガリー】 節を編集

概要 節を編集

 「ダンガリー」のカードとサポートを主体とした【なるかみ】

 優秀な前列退却クロスライドを擁し、堅実な立ち回りを行える。

構築について 節を編集

―キーカード

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《呪禁道士 ダンダン》への依存度が非常に高いため、退却させられてしまうと非常に痛い。「ダンガリー」を展開した後なら退却させられても致命的ではないが、【かげろう】【なるかみ】では《ガトリングクロー・ドラゴン》《リザードソルジャー サイシン》によって序盤からでも容易に退却させられてしまう。これといった対処法もないため、相性の問題として諦める他ない。
 一方で【抹消者】【アモン】が相手の場合は、退却能力を使われる前に囮となる別のリアガードを1枚以上コールしておけば《呪禁道士 ダンダン》を守れるため、積極的な展開が対策として機能しうる。

 【リンクジョーカー】と対した場合の呪縛にも注意が必要。《呪禁道士 ダンダン》を一時的に機能停止させられるのも困るが、《封魔神竜 ダンガリー》呪縛された場合、解呪後には情報がリセットされて常時パワー-2000の永続能力が有効になってしまう。
 この場合は《封魔神竜 ダンガリー》コールを控え、ノーマル超越コストに回す等の立ち回りを行いたい。

 バインドゾーンを利用する性質上、【ぬばたま】との相性は極めて悪い。
 《夜霧の忍鬼 アギトマル》《忍獣 クロコ》はこのデッキにとって正に天敵であり、こちらが送ったバインドゾーンのカードを削られてしまうことで「ダンガリー」のパワーを下げられてしまう。
 《修羅忍竜 ダラニコンゴウ》であれば中盤までは能力を使えず、さらに前列要員であることから「ダンガリー」の能力で容易に退却させることができるため、対処は比較的容易である。
 しかし後列に配置される《忍獣 クロコ》を確実に退却させる手段は《ドラゴニック・デスサイズ》しか存在せず、このデッキではコスト競合の面から採用が難しい。よって可能な限り《忍獣 クロコ》がブーストしたアタックをガードするしか方法はない。

 クロスライドを行うことで常時パワー13000となれるが、それゆえにゲームが長期化しやすい。
 その場合に「ダンガリー」や《呪禁道士 ダンダン》能力による山札バインドを多用していた場合、デッキアウトで負けることも少なくないので山札の残り枚数にも注意が必要である。

 5〜6ターン目で《征天魔竜 ダンガリー “Unlimited”》ライドしてしまった場合、パワーが上がりにくい、退却枚数が少ないとかなり弱体化するのも難点となる。

関連リンク 節を編集