忍獣(にんじゅう) クロコ/Stealth Beast, Kuroko》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ぬばたま - ワービースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ぬばたま》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のバインドゾーンから2枚まで選び、ドロップゾーンに置く。

 絶禍繚乱で収録されたグレード0のぬばたま

 単独では基本的に意味がないものの、他のカード能力により、ターンの終了時の時限誘発手札に加えられる予定の相手バインドゾーンに置かれたカードがある場合、わずかなコスト相手に最大2枚のディスアドバンテージを与える能力と化す。
 自身はソウルドロップゾーンに移動する事を要しないので、恒常的にガード強要を行っていくことができる。ライドだけで貯めたソウルでは、自身がソウルインしないので2回までしか使えないが、それだけでも十分な回数である。

 また、バインドゾーンカードがあることが重要な意味を持つ【ダンガリー】等に対しては多大な影響を与えることができるようになる。

 【ぬばたま】の中核を担う非常に強力なカードなだけに退却呪縛デッキボトム送りを得意するデッキには、真っ先にその効果対象として狙われる可能性も高い。
 グレードのバランスを崩すリスクを負うが複数枚の採用も視野に入るだろう。ただし、その場合確実性のある《木枯らしの忍鬼 カモジグサ》の方が無難だろうか。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ドラゴンエンパイアの諜報部隊にして隠密部隊“むらくも”と双璧を為す“ぬばたま”の忍。 通称「呪滅印(じゅめついん)のクロコ」。 体術・忍術ともに特段秀でている訳では無いが、里に代々伝わる秘術の使い手として名を馳せる一族の戦士。 封術に囚われた相手にのみ施す事ができる印、秘術「呪滅印」。 この印を刻まれたものは、使用者の放つ攻撃を決して避ける事ができなくなる。 封術の上から更なる制限をかけ、こちらの意図にそぐわぬ動きを見せれば即座に始末する事も可能、という恐るべき術だが、当代の「クロコ」はまだこの術を継承したばかりであり、完全に使いこなせているとは言えない。 また、術の力に頼りすぎる節があり、敵に先手を打たれて足をすくわれる事もしばしば。 驕りを無くし、秘術を使いこなし、一人前の忍と認められる時こそ、彼は真の意味で「クロコ」の名を継ぐ事になるだろう。

  • 「黒子(くろこ)」とは、歌舞伎や文楽で、黒装束に黒頭巾を着用し役者の介添や舞台装置を操作する者の事である。ちなみに、「黒子(くろこ)」は誤用が慣用化したもので、正しくは「黒衣(くろご)」。

FAQ 節を編集

  • Q606 (2013-09-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q636 (2013-09-12)
    Q. リアガードのこのユニットの『【ソウルブラスト】』は、ヴァンガードの下にあるソウルから払うのですか?
    A. はい。リアガードにソウルが置かれることはありませんので、リアガードの能力であっても、ヴァンガードの下のカードをドロップゾーンに置きます。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/025 R イラスト/齋藤タヶオ小手先のごまかしに見える?
射干玉の秘術、舐めない方がいいと思うよ。