【アモン】 節を編集

概要 節を編集

 「アモン」を中核に据えたデッキ。

 他の【ダークイレギュラーズ】と比べてさらに高速でソウルを増やすことができ、貯まったソウルによってヴァンガードパワークリティカルを増加させることで相手にプレッシャーをかけていく。

構築について 節を編集

「アモン」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「アモン」以外のカード 節を編集

-グレード2

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点 節を編集

 グレード3以上の「アモン」によるヴァンガードの高パワーが強力である。

 特に《魔神侯爵 アモン “Я”》《アモンの主謀者 アスタロト》によるパワークリティカルの強化が非常に苛烈であり、ほぼ確実にクリティカル上昇を活かしたダメージゾーン3枚止めからの決着を狙ってくるだろう。

 となるとこちらはそう簡単にリミットブレイクシークメイトの利用を狙うことができなくなり苦境に立たされることとなるため、不用意に相手リミットブレイクシークメイトの利用を許すのは得策とは言い難い。

 主軸となる「アモン」はリミットブレイクシークメイトの制限がある点を除けば特に弱点らしい弱点は見当たらない高い性能を持つものの、このデッキの脆弱性はリアガードにある。

 【ダークイレギュラーズ】というデッキリアガードの展開力に乏しいながら、《魔界侯爵 アモン》であれば1:1交換とはいえ貴重なカードを消費し、《魔神侯爵 アモン “Я”》能力を使用するともなれば呪縛によりさらにアタックまたはブースト可能なリアガードが減るということとなる。

 こうなればヴァンガードからのアタックこそ恐ろしいものの、リアガードからのアタック《ドリーン・ザ・スラスター》を活用した時ぐらいでしか爆発的なパワーを引き出すことができなくなる。

 そこで、積極的にリアガード退却を狙うことによりヴァンガードからのアタックを止めることに集中しやすくなる。

 また【ダークイレギュラーズ】全般に言えることだが、大量のソウルチャージを行うためデッキアウトが発生することが多々ある。

 《魔神侯爵 アモン “Я”》の場合なら長期戦で守り切る自信があるのであれば、相手《アモンの眷族 マッド・アイ》退却呪縛で処理し、相手ダメージゾーンを3枚で止め、デッキアウトまで粘るのも方法の1つと言える。

 いずれにせよ、最も警戒すべきは中盤からの《魔神侯爵 アモン “Я”》《アモンの主謀者 アスタロト》による高パワー/クリティカル2の苛烈なアタックであり、これをいかに凌ぎつつ攻勢に回れるかが勝負のキーとなる。

 なお、《魔神侯爵 アモン “Я”》クロスライドによる常時パワー13000への上昇はソウルチャージの過程で偶発的に《魔界侯爵 アモン》ソウルへ送り込まれることを期待しているということが少なくないため、こればかりは運によるとしか言いようがない。

関連リンク 節を編集