《アモンの眷族(けんぞく) グラオザーム/Amon's Follower, Grausam》 節を編集

トリガーユニット 【☆】(クリティカルトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ダークイレギュラーズ - ヴァンパイア パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「アモン」を含むカード] あなたのカードの効果で、このカードがソウルに置かれた時、あなたのカード名に「アモン」を含むヴァンガードがいて、あなたのソウルが6枚以上なら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。

 覇道竜星で収録されたダークイレギュラーズクリティカルトリガー

 自動能力は、効果ソウルに置かれた時に、「アモン」のヴァンガードがいて、ソウルが6枚以上なら、エスペシャルカウンターブラスト(1)で相手は自身のリアガード1枚を退却させるもの。

 要件コストの都合からほぼ【アモン】専用となるが、通常ならアドバンテージに直結しない行動に伴って相手リアガード退却させてアドバンテージを稼ぐことができる。

 《魔界侯爵 アモン》等の能力コストでは誘発条件を満たすことができないので、基本的に《アモンの眷族 ヘルズ・ドロー》《アモンの眷族 バーメイド・グレイス》等の確実性のないソウルチャージを起点とする必要がある。
 退却させることに成功すれば《アモンの主謀者 アスタロト》自動能力誘発にも繋がり、さらなるソウルの増加が狙える。
 それにより、2枚目以降のこのカード能力誘発を連鎖的に狙えるようになる。

 一応、《ルーン・ウィーバー》を利用すれば能動的に誘発を狙えるが、その場合はシールド10000のガーディアン要員を消費して、《魔界侯爵 アモン》起動能力と同効率の1:1交換にしかならない。
 更にエスペシャルカウンターブラストも要する点を鑑みると、そうまで行う程の価値はないだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「グラオザーム(Grausam)」とは、ドイツ語で「残酷な、残忍な」を意味する単語である。

FAQ 節を編集

  • Q1322 (2015-05-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1351 (2015-05-28)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q1352 (2015-05-28)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/099 C イラスト/沖路血には血を。魂には魂を。