()まわしき(もの) ジル・ド・レイ/Abominable One, Gilles de Rais》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ダークイレギュラーズ - ヴァンパイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[Gゾーンから裏の「忌まわしき者 ジル・ド・レイ」を1枚選び、表にする] あなたのソウルが10枚以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+10000。あなたのソウルが15枚以上なら、そのターン中、このユニットは【自】(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、相手はグレード1以上のカードを自分の手札から(G)にコールできない。』を得る。あなたのGゾーンの表のカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

 覇道竜星で収録されたダークイレギュラーズGユニット

 1ターンに1回、Gペルソナブラストで、ソウルが10枚以上ならパワー+10000を得て、さらにソウルが15枚以上なら『ヴァンガードアタックした時に相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力』を得て、Gゾーンの表のカードが2枚以上ならクリティカル+1を得る起動能力を持つ。

 3つの要件を全て満たした状態で使用することで、パワー+10000/クリティカル+1を得たこのユニットアタックに対して相手手札からコールできるのがグレード0のカードに限定され、フィニッシャーとして申し分ない性能を発揮できるようになる。

 3つ目の要件は事前に他のGユニット超越しておけばよいので簡単に満たせるが、他の2つの要件を両方満たすにはソウルを15枚以上稼ぐ必要があるため、タイミングが遅いのを考慮しても厳しい。
 とはいえ、クリティカル+1はソウルとは無関係に得ることができ、ソウルが9枚以下であっても単純にクリティカル2のアタックを行うだけでもある程度脅威にはなるので、安定した働きは望める。

 逆に、Gゾーンの表のカードが足りない状態でもソウルが足りていればパワー能力を得ることができ、終盤ならそれで十分フィニッシャー足り得るが、そのような状況になることは少ないだろう。
 《シャルハロート・ヴァンピーア》能力を利用すれば、2枚目以降のGユニットとしてこのカード超越するまでに最低4枚のソウルチャージが行えるので、要件達成はある程度楽になる。

 相手がノーガードしづらい状況では、上昇させたパワーの分だけシールドを奪うことができるので《ドリーン・ザ・スラスター》等の強力なブーストを行えるカードと相性が良い。
 ソウルの枚数が足りない状況では、《愛の嵐 キスキル・リラ》を積極的に使用するのが望ましいだろう。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「光をも飲み込む闇があると知れ! ストライドジェネレーション! 《忌まわしき者 ジル・ド・レイ》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

千年に一人の悪心の持ち主として恐れられた伝説の吸血鬼。
出自が人間だという事は知られているが、誰が彼を吸血鬼へ変えたのかは謎のままである。
老若男女、人竜悪鬼、その手にかけた命は数知れず、一説によれば神の血肉をも喰らったとされている。

彼の最も恐ろしい点は、破壊や殺戮に一切の意味を求めない事。
ただ壊したい時に壊し、喰らいたい時に喰らう。 戦いや支配に興味など持たない。
それは、ある種の選ばれし者――狂った強者のみが見せる、究極の自然体だったという。

吸血鬼「ジル・ド・レイ」は、誕生してから数百年の間、膨大な量の命を喰らい続け、
幾多の生物を絶滅寸前にまで追い込み、たった一人でダークゾーンの生命を四分の三程にまで減らした。
ダークゾーンの支配に燃える領主たちは、彼が手に負えなくなる寸前にまで力をつけた所で
ようやく共同戦線を張り、この当代最強の吸血鬼を滅ぼしたと伝えられている。

討伐の際、領主たちの長となった大悪魔は、震える指で彼を差し、全軍に告げたという。
「見よ、全ての悪徳がそこにある」、と。

その後、破壊者「ジル・ド・レイ」の名は、口に出す事すら憚られるおぞましいものと忌み嫌われ、
いつしか「忌まわしき者」という二つ名だけが知れ渡るようになる。

  • 「ジル・ド・レ(Gilles de Rais)」とは、英仏百年戦争においてジャンヌ・ダルクと共に戦い、「救国の英雄」と呼ばれたフランス元帥である。のちに魔術の研究に傾倒し、多くの少年を誘拐・殺害した末に処刑された。「青髭伝説」の元になった人物とされている。ただし、司祭等の財産を狙う政敵達により故意に誇張された一面があるという見解やジャンヌが異端として捕らえられ、火炙りになったことから精神を病んだとする見解も存在している。

FAQ 節を編集

  • Q1314 (2015-05-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1324 (2015-05-28)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1328 (2015-05-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1380 (2015-05-28)
    Q. ソウルが10枚以下でも、Gゾーンの表のカードが2枚以上あればクリティカルは+1されますか?
    A. はい、+1されます。ソウルの枚数を参照する効果とGゾーンの枚数を参照する効果は関連付けられていないため、それぞれ別途にチェックされます。
  • Q2149 (2016-05-26)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2160 (2016-05-26)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q2278 (2016-05-26)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/010 RRR イラスト/Azusa見よ、全ての悪徳がそこにある。
G-BT03/S08 SP イラスト/Azusa忌まわしき者よ。汝の名はジル・ド・レイ。
ブースターパック勇輝剣爛G-BT07/S29 SP イラスト/Azusa(※なし)