《クロノジェット・ドラゴン/Chronojet Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、相手はグレード1以上のカードを自分の手札から(G)にコールできない。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを自分の山札の下に置く。

 覚醒の時空竜で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(2)は、ヴァンガードアタックした時にパワー+5000を得て、相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力

 《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》自動能力と同じ能力コスト消費なしで使えるのは強力である。
 ジェネレーションブレイク(2)の制限があるので、これを利用できるのは、基本的には10ターン目以降と遅い。

 積極的に利用するのであれば単にGユニット超越するだけでなく、Gガーディアンを利用してGユニットコールする他、《時空獣 メタリカ・フェニックス》《時空竜 ワープドライブ・ドラゴン》等の能力コスト効果を利用してGゾーンの表のカードの枚数を稼ぎ、8〜9ターン目辺りから利用可能な状態にしたいところ。

 ただ、相手守護者の使用を封じるだけなら、別途コストが必要となるとはいえ《烈火進撃の時空巨神》超越して相手グレード1のリアガードデッキボトム送りにしてグレード1のカードコールを封じるだけでも十分に行える。
 基本的には何らかの理由でGユニット超越しなかった場合や《クロノドラゴン・ネクステージ》能力とのコンボを狙う場合に利用するものと割り切りたい。

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)で、相手リアガード1枚をデッキボトム送りにするというもの。

 デッキボトムに置かせるという形は、退却と比べてシークメイトコスト等に利用されないという利点がある反面、山札からのスペリオルコールなどで再利用される可能性を残す欠点がある。
 逆に、相手デッキドロップゾーンを利用する手段があり、尚且つ山札からカードを探すことに長けていなければ、ほぼ利点のみを享受できることになる。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では新導クロノが使用するカード
    オープニングやエンディング映像など様々な点で存在が強調されており、クロノの象徴的なカードと言える。
  • 同時に得るパワー+5000については特に言及されなかったが、そちらは第45-46話(VS神崎ユウイチロウ〈2戦目〉)にて描写された。
  • 第46話ではファイト終了後に実体化しており、神崎を殴り飛ばしている。
  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。
  • ライド時の台詞は「導くぜ未来、切り開け世界! ライド! 《クロノジェット・ドラゴン》!」
    第3話(VS伊吹コウジ)のみ「魂を震わせる、新世界へ導け! ライド! 《クロノジェット・ドラゴン》!」
  • 月刊ブシロードにて特別集中連載された漫画「カードファイト!! ヴァンガードG」でもクロノが使用する。
  • 漫画「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドジェネレーション」でもクロノが使用し、綾戸リク【ギアクロニクル】にもメインカードとして採用されている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「アルトマイル」が遺跡の中で出会った未知の存在。門のような装置を任意の空間に造り出し、仲間と見られる戦士達を召喚する他、「超越」を自在に引き起こす事ができるという。見た事も無い武装や、謎の力を行使する事から、少なくともこの世界の住人では無い事が予想されるが……。

時間と空間を操る未知の存在、“ギアクロニクル”の一員。クレイの時空間を修復する為に派遣された部隊のリーダーを務める。直属の部下達と共に、様々な世界の時空間を修復してきた立役者であり、今なお活動を続ける数少ない高位存在。部下の失態が発端となった此度の事件を重く受け止めており、自身の手で事態を収め、クレイの時空をあるべき姿に戻す事を誓っている。クレイの時空に負荷を与えないように力を抑えた結果、今の姿になったらしいが、「超越」の制御、ゲートの生成など、この状態でも人智を超えた力を行使している為、その真の力は計り知れない。

  • 設定上では十二支刻獣の1人であり、辰の刻(午前7時~午前9時)を司っており、額の飾りがその時間を表している。
    • ただ、一般的に連想される十二支の辰は蛇の様に細長く手足が短い東洋の「竜」であるのに対して、どちらかと言えば西洋の「ドラゴン」を意識した外見になっている。

FAQ 節を編集

  • Q1103 (2014-11-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q2548 (2016-09-29)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ覚醒の時空竜G-TD01/002 イラスト/伊藤彰新しい未来は、ここから始まる。
はじめようセットはじめようセット 覚醒の時空竜
トライアルデッキ鳴導の時幻竜G-TD06/003 デザイン:伊藤彰 イラスト:たにめそ本物には、時代を超えた価値がある。
はじめようセットはじめようセット 鳴導の時幻竜
PRカードアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編」DVD-BOX 特典PR/0405 イラスト/伊藤彰(※なし)
クランブースター運命の歯車G-CB04/S10 SP イラスト/伊藤彰(※なし)