《クロノ・ドラン/Chrono Dran》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【自】【Gブレイク】(1):[このカードをソウルに置く] このユニットが(R)からバインドゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、山札から「クロノジェット」を含むグレード3以上のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを手札に戻す。

 鳴導の時幻竜で収録されたグレード0のギアクロニクル

 2つ目の能力は、リアガードサークルからバインドゾーンに置かれた時に自身のソウルインで、山札から「クロノジェット」のグレード3以上のカードを1枚までスペリオルコールし、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールされたユニット手札に戻すジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 使えるタイミングは遅いものの、【ギアクロニクル】においては、《時空竜 エポックメイカー・ドラゴン》タイムリープが行える能力を利用することで誘発を狙うことができる。
 この能力を使ってしまうと、それらの能力で作成した時限誘発でこのカードスペリオルコールできなくなるが、この能力スペリオルコールした「クロノジェット」のグレード3以上のカード手札に加わるので、1:1交換となり、その後の超越スキルコストの確保に繋がる。
 さらに、このカードタイムリープさせて山札からスペリオルコールしたグレード1のリアガードをさらにタイムリープさせたり、《時空竜 フェイトライダー・ドラゴン》《烈火進撃の時空巨神》等の能力で処理すれば実質1:2交換になる。

 バトルフェイズ中にこのカードタイムリープさせれば、左列右列後列グレード1、このカード能力で「クロノジェット」のグレード3以上のカードを同じ縦列前列スペリオルコールすればパワー16000ライン以上の疑似スタンドを狙うといったことができる。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では第48話にて、新導クロノが所持する白紙のディペンドカードが変化することで手にしたカード
    「ギアースクライシス編」からはファーストヴァンガードとして使用されている。
  • 「カードファイト!! ヴァンガードG」シリーズに登場する「クロノ・ドラン」は「惑星クレイ物語」に登場する個体とは平行世界に位置する別人である。声優は間宮くるみ。
    • 声こそ幼いものの、非常に理知的で喋り方も丁寧である。一人称は「僕」。
    • その正体は「ストライドゲート編」最終回からきた10年前の世界のクロノジェット・ドラゴン本人。
    • 明神リューズ新導ライブが惑星クレイへの扉を開こうとしている際に新導クロノが偶然にもクレイから呼び寄せてしまった。この際は現在よりも少しだけ話し言葉が子供の様だった。
    • 明神の計画の真意とクロノが「ピースメーカー」の適性を持つ事を知ったライブの計らいで、ライブと共に世界中を逃亡する。
    • 伊吹コウジ神崎ユウイチロウから奪ったディペンドカードを使い、ユナイテッドサンクチュアリ支部の人間とトライスリーのイメージ力を元手にカード化される。また、初めから覚醒しており、イラストも着色されていた。
    • その後も登場人物としてクロノのイメージの中で何度か登場しており、明神のラボ跡地でクロノと明神がファイトしている途中に明神リューズの目的をクロノに伝えた。
    • 別荘で明神がクロノファング・タイガーを実体化させクロノの殺害を図った際に、クロノを守る為に新たに覚醒したクロノエトス・ジャッカルクロノドーズ・シープクロノセラピー・ハムスターと共に実体化し、クロノファングと戦闘した。
    • 4対1でも歯が立たないクロノファングを倒すため、クロノが明神の落とした残りのディペンドカード6枚の内、未覚醒の4枚を全て覚醒させた上で実体化による増援を狙うものの、クロノの負荷が大きすぎる事を懸念したドランは止めようとした。
    • ドランの懸念通り、負荷に耐えきれなかったクロノは倒れ、若水ソウスケの装置により全てのディペンドカードに封じられていた十二支刻獣は捕らえられ、ディペンドカード共々リューズに全て奪われてしまった。それに伴い、ドランと同一人物である《クロノジェット・ドラゴン》《クロノドラゴン・ネクステージ》カードも色を失って使用できなくなった。
    • 「ストライドゲート編」第50話にて、ディペンドカードによる契約から解放され、10年前の惑星クレイへと帰還し、《クロノ・ドラン》から《クロノジェット・ドラゴン》へと変化した。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

謎のゲートを通じて突如「この」惑星クレイに現れたドラゴンの少年。クレイに来る前の記憶を失っており、自分の名前以外何も覚えていなかった。出生・出身・目的など、すべてが不明であり、ギアロイドたちに保護されるまで、途方に暮れて泣きわめいていたという。その後、精密検査を受けたことで「ギアドラゴン」であることが判明するも、“ギアクロニクル”には彼のコードは登録されておらず、依然としてその正体は謎のままである。もっとも驚くべき点は、感情が昂ぶると「クロノジェット・ドラゴン」と同じ姿に変身することができるということ。これに関しては当のクロノジェットも驚きを隠せなかったようで、クロノ・ドランの正体を探るために隊員数名を常時監視にあたらせている。

  • モチーフは十二支の「辰」。十二生肖は「龍」、十二時辰は7時〜9時の「食時」が割り当てられている。
  • 「惑星クレイ物語」における性格は、野生児の様である。一人称は「俺」。
    • 初期の頃は粗暴な面が目立つものの、様々な出会いと経験を経て、「時空異変」後半からは自らの意思で考える事を覚え、直接戦闘に出向くまでに成長していた。
    • 無数に存在する平行世界の「クロノ・ドラン」の中でも精神的に最も幼いらしい。
  • 「ドラン(Dran)」は、「ドラゴンクエストシリーズ」等で幼いドラゴンという意味合いで使用されている。

FAQ 節を編集

  • Q2543 (2016-09-29)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q2581 (2016-09-29)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ鳴導の時幻竜G-TD06/014 デザイン:伊藤彰 イラスト:椿春雨やってみよう! 始めなきゃ、失敗すらできないよ!
はじめようセットはじめようセット 鳴導の時幻竜
PRカード大ヴァンガ祭×大バディ祭2016 4/30来場者特典PR/0390 デザイン:伊藤彰 イラスト:椿春雨(※なし)
クランブースター運命の歯車G-CB04/S13 SP デザイン:伊藤彰 イラスト:椿春雨(※なし)