《ダークハート・トランペッター/Dark Heart Trumpeter》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
シャドウパラディン - エンジェル パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「ブラスター」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「ダークハート・トランペッター」以外のグレード1以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 The Dark “Ren Suzugamori”で収録されたグレード1のシャドウパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時にグレード3以上の「ブラスター」のヴァンガードがいるなら、山札から《ダークハート・トランペッター》以外のグレード1以下のカードを1枚までスペリオルコールする自動能力

 使えるタイミングは6ターン目以降と遅いものの、要件を満たした状態であればソウルブラスト(1)という非常に軽いコストブースト要員の追加調達が行える。

 《闇夜の乙女 マーハ》等でバトルフェイズ中にスペリオルコールすれば2枚分の疑似スタンドが狙える。
 同じ縦列に《ナイトスカイ・イーグル》《力戦の騎士 クローダス》等をスペリオルコールすることでパワー16000ライン以上の構築も狙える。

 コストは競合するものの、《黒翼のソードブレイカー》スペリオルコールすれば、ソウルブラスト(2)だけで2枚分ものアドバンテージを獲得できる。
 また、《真黒の賢者 カロン》スペリオルコールすれば、《真黒の賢者 カロン》永続能力と合わせて3枚分の退却コストを用意できる。
 そうしてやることで《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》《ガスト・ブラスター・ドラゴン》等の能力を使いやすくなる。

 【シャドウパラディン】ではソウルを増やす手段は多くないため、ソウルを増やせる《フルバウ・ブレイブ》等をメインデッキから採用するのも手だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「星輝大戦」を生き残り、「撃退者」としての責務を全うした事で、心身ともに大きく成長した黒の少女。当時は熟練の召喚士として、先を行く騎士達の後背を守り続けた。口数が少なく、声色も平坦な為、若い団員から「いつも怒っている」、と誤解されがちなのが悩みのタネだったらしい。

【シャドウパラディンの伝説】
星輝大戦後の“シャドウパラディン”のリーダーであるブラスター・ダーク。
彼の周りには、長年共に戦いを続けた者達がいた。

共に最前線で剣を手に部隊を率いた、軍師マーハ。
先頭で部隊を守りぬいた守備兵長マクリール。
ブラスター・ダークのためにその力を振るった双子の騎士、ドリンとクローダス。
戦場に舞い、戦士達に力を与えたエンジェルの少女とハイオウル。
ブラスター・ダークと共に駆けた黒きハイドッグ。

後方には大魔道士バイヴ・カー、賢者カロン、魔女ネヴァンたちが、騎士達の背中を守っていた。

彼ら“英雄”達の戦いは、伝説として語られているのみ。
英雄の戦いは公式の記録に残されておらず、今の彼らの行方もまた闇に紛れ、杳として知れない。

FAQ 節を編集

  • Q1253 (2015-04-23)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1254 (2015-04-23)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1255 (2015-04-23)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

レジェンドデッキThe Dark “Ren Suzugamori”G-LD01/007 イラスト/竜徹ボクが……相手してあげる。