雀ヶ森(すずがもり)レン 節を編集

雀ヶ森レン(すずがもり れん)は「カードファイト!!ヴァンガード」の登場人物。アニメでの声優は阿部敦。

 名前の由来は、愛知県愛西市雀ヶ森町だろう。

概要 節を編集

 実力至上主義のヴァンガード集団「フー・ファイター」のリーダーであり、「フー・ファイター」最強のチーム「AL4(アペックス・リミテッド・フォー/エーエルフォー)」の一人。
 「カードの声」を聴くことでファイトの流れを事前に読み取る力「PSYクオリア」の保持者で、その力によって他を寄せ付けない絶対的な強さを発揮する。

 ファイトの前後には他者を見下した挑発的な言動を放つが、普段は飄々としていて掴みどころのない一面もあり、過去の描写やアニメで「PSYクオリア」に目覚めた後の先導アイチの言動などを鑑みるとそちらが彼の本来の性格であると思われる。
 アニメ初期で本来の性格を強く感じさせるのは初登場時と回想程度だったが、漫画では序盤からそちらに寄った描写が多かった。

経歴 節を編集

中学生時代からの友人である新城テツ、転校してきた櫂トシキと、彼ら3人のチームとして「フー・ファイター」を結成。
 当時は無邪気で大人しく不思議な言動で仲間を笑わせていたが、チームのために強くなろうとする思いから「PSYクオリア」に目覚めたことで豹変し、櫂とは決別。
 「フー・ファイター」を現在の形に作り変え、全国大会に出場する「チームFFAL4」のリーダーとして櫂やアイチたちの前に姿を現す。

 アイチとの戦いを経て「PSYクオリア」から解放された後のアジアサーキット編では、元の飄々とした性格が際立っている。
 櫂などと同様に「封印」前の記憶はほとんど失っている。
 VFサーキット・ソウルステージでは立凪タクトの干渉で再び「PSYクオリア」に目覚めてしまったが、性格も大きな変化はないため、それによる目立った悪影響はない様子。

 「リンクジョーカー編」においてはアイチの活躍により再びシャドウパラディンのデッキを使うようになっており、それに伴って初期で見せていた好戦的な面も復活している。
 しかし根本的な性格は「アジアサーキット編」と変わっておらず、VF甲子園予選における決勝大会への出場権を賭けたアイチとのファイトでは「アイチにも仲間がいるように自分にも仲間がいる」とアイチとの久々のファイトを楽しみながらも勝利を収める。
 その後、リンクジョーカーの手によってリバースファイターとなってしまった立凪スイコ鳴海アサカ、テツとのファイトでは大切な仲間である彼らを救うために奮闘した。
 なお本編からすれば余談のような感じになってしまっているが、VF甲子園本大会でも順調に勝ち進んでおり、決勝戦にて招待選手でありながら勝ち進んだ蒼龍レオンと激戦を繰り広げ、勝利し、福原高校に優勝をもたらしている。
 櫂トシキとの戦いでは、僅差で櫂に敗北して“Я”するが、幸いレンが目覚める前にリンクジョーカーは撤退したので、被害が出ることはなかった。

 「レギオンメイト編」ではアイチの居場所を知っており、櫂の決意を試す為に再び対戦した。
 その後は蒼龍レオンと共に間接的にではあるが、櫂達に協力した。

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では祭りや食堂にいる姿が確認でき、神崎ユウイチロウの後任としてユナイテッドサンクチュアリ支部の支部長に就任した。

 「ギアースクライシス編」では、「Plan-G」の協力者としてユナイテッドサンクチュアリ支部のGクエストの大将としてトライスリーに立ちはだかった。特殊ルールのリレーファイトではチームメイトのキョウ、アサカの手札を譲り受けトライスリーの先鋒安城トコハと中堅綺場シオンを圧倒したが、大将新導クロノに敗北した。ギアースクライシス発動後はチームメンバーと共にトライスリーの為に露払いをした。

 「ストライドゲート編」では、カンパニーを捜索して支部を空けていた隙を突かれてユナイテッドサンクチュアリ支部の破壊を許してしまった。

 漫画版では「完璧な勝者」たることを求める父から暴行を受けていたことが描写されており、それが「PSYクオリア」への傾倒に繋がっている。
 テツや櫂との関係性は細部こそ異なるが大差はない。
 一度カードキャピタルを訪れた後、フー・ファイター本部に乗り込んできた櫂とファイトして再び勝利を収める。
 その後、「完璧」になるためにはかつて櫂に勝利したアイチに勝たねばならないとしてアイチに勝負を挑むが、自身の勝利のイメージを超えたアイチに敗れる。
 その後、アジアサーキット[1]で準決勝にてアイチに敗北しており、第三位に甘んじた。
 PSYクオリアゾンビが現れた際は鳴海アサカと戦い、ヒールトリガーの助けもあり彼女を救った。
 レッカも瞬殺する程で実力の高さは健在だが、以前に比べてPSYクオリアは弱まっているらしい。
 因縁のある立凪タクトとのファイトで、「星骸者」の未知の力の前に敗北してPSYクオリアゾンビとなるが、命令は基本的に受け付けていない。

人間関係 節を編集

  • 新城テツ
    • 旧友にしてチームFFAL4のメンバー。彼の先導者となった。大体の事は彼に任せっきりにしている。
  • 矢作キョウ
    • チームFFAL4のメンバー。
    • 「アジアサーキット編」以降、いつも彼の名前を忘れたフリをしてからかっている。
  • 櫂トシキ
    • 旧友にしてチームNAL4のチームメンバー。彼の強さに憧れた結果、PSYクオリアに溺れ因縁を持つようになる。「アジアサーキット編」以降は再び友人となる。
  • 先導アイチ
    • 初期に彼によってPSYクオリアの闇から解放され、「アジアサーキット編」以降は友人として接している。
  • 戸倉ミサキ
    • 「アジアサーキット編」以降、何故か「ミサッキー」と呼んでいる。

デッキ構成 節を編集

  • 【グレード3】
    • 森川カツミから借りたデッキ
      使用理由は上と同じだが、彼はPSYクオリアの影響か、使いこなし、アサカから【ペイルムーン】を借りてファイトしたミサキと互角の戦いをしてみせた。なお、デッキについては「順調にライドできるかスリルがあって楽しい」とのことで、勝敗については描写されていないため不明。

主な使用カード 節を編集

戦績 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」通算成績:3戦2勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
カードショップPSY
24話コーリン勝利【女性ユニット】使用
全国大会
33話光定ケンジ勝利
全国大会 決勝トーナメント
63-65話先導アイチ敗北

アニメ「アジアサーキット編」 節を編集

アニメ「アジアサーキット編」通算成績:3戦1勝1敗1中断

話数対戦相手勝敗備考
VFサーキット・ソウルステージ
80-81話先導アイチ勝利特殊ルール「2S8E」[3]
82話光定ケンジ敗北【ダークイレギュラーズ】使用
VFサーキット・ファイナルステージ
101話ジリアン・チェンシャーリーン・チェン中断タッグファイト(パートナー鳴海アサカ)

アニメ「リンクジョーカー編」 節を編集

アニメ「リンクジョーカー編」通算成績:6戦5勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
VF甲子園予選決勝会場
123-124話先導アイチ勝利
福原高校
129-130話立凪スイコ勝利立凪スイコЯ
福原高校
131-132話鳴海アサカ勝利鳴海アサカЯ
福原高校
133-134話新城テツ勝利新城テツЯ
VF甲子園決勝
139話蒼龍レオン勝利
立凪ビル屋上
158-159話櫂トシキ敗北櫂トシキЯ

アニメ「レギオンメイト編」 節を編集

アニメ「レギオンメイト編」通算成績:1戦0勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
フー・ファイタービル屋上
175話櫂トシキ敗北

劇場版「ネオンメサイア」 節を編集

ネオンメサイア通算成績:1戦0勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
フー・ファイタービル
伊吹コウジ敗北

アニメ「ギアースクライシス編」 節を編集

アニメ「ギアースクライシス編」通算成績:1戦0勝1敗 

話数対戦相手勝敗備考
ユナイテッドサンクチュアリ支部Gクエスト
18話-19話チームトライスリー敗北チームFFAL4(レンアサカキョウ)、リレーファイト

漫画版 節を編集

漫画版通算成績:7戦4勝2敗1不明

話数対戦相手勝敗備考
3巻
カードキャピタル
#012戸倉ミサキ勝利
4巻
フー・ファイタービル
#015-#017櫂トシキ勝利
#018-#019先導アイチ次巻に続く
5巻
#020-#021先導アイチ敗北
7巻
福原高校カードファイト部
#034先導アイチ不明
8巻
福原高校
#038-#041鳴海アサカ勝利鳴海アサカPSYクオリアゾンビ
10巻
路地裏
#056立凪レッカ勝利立凪レッカPSYクオリアゾンビ
11巻
立凪邸 庭園
#059-#060立凪タクト敗北立凪タクト「ディスティニーコンダクター」

小説版 節を編集

小説版通算成績:2戦2勝0敗

話数対戦相手勝敗備考
アジアサーキット編 戦え! 友情のタッグファイト
ヴァンガードクラブ部員勝利
先導アイチ&汽水タカキ勝利タッグファイト(パートナー櫂トシキ)

関連リンク 節を編集


[1] 漫画版では個人戦
[2] 特に「リンクジョーカー編」では、「これからも僕についてこい」等と発言していた。
[3] ダメージゾーンに表のカードを2枚置いた状態からゲーム開始、ダメージゾーンが8枚以上で敗北となるルール。