Diablo(ディアブロ) 節を編集

概要 節を編集

 「Diablo」、及びそのサポートを取り入れ、それを中核とした【ファントム・ブラスター】

 基本的には【ファントム・ブラスター】Gユニットに適応したものであり、同じくGユニット超越を主体とした【クラレットソード・ドラゴン】と比較すると、アドバンテージの獲得性能自体は劣るものの、能力使用に必要なコストの軽減手段や各「Diablo」のGユニットの決定力を底上げする直接的なサポート手段を持つなど、相手の急所への強襲とでも表現すべき高い攻撃性が際立っているのが特徴である。

 ジェネレーションブレイク能力主体デッキの宿命である動き出しの遅さも無視こそできないものの、旧来から存在する各種サポートカードの恩恵を受け易いという特性も備える事から、それらの問題を緩和可能であり、比較的扱いやすいデッキの部類に入る。

 注意点としては、直接的なサポートの大半は各「Diablo」のGユニット超越しなければ意味をなさないものが多く、【クラレットソード・ドラゴン】等とは違い単にジェネレーションブレイク(1)を有効にする目的での《エアーエレメント シブリーズ》《エアーエレメンタル ツイテルン》等の採用は噛み合わせが悪い為よく検討した方が良い。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―Gガーディアン

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 まず、リアガードを補充する手段に長けた【ロイヤルパラディン】【ゴールドパラディン】には、殆ど《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》退却は無駄にディスアドバンテージを負うだけになりやすい。
 その為、相手によって《暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》のどちらで攻めるべきなのかを常に考えておきたいところである。
 また、《ブラスター・ダーク “Diablo”》だけでは山札からのスペリオルコールを行えないので《闇夜の乙女 マーハ》退却させられると能力退却コストを確保するのが難しくなりがちである。

関連リンク 節を編集