【クラレットソード・ドラゴン】 節を編集

概要 節を編集

 「クラレットソード・ドラゴン」を中核とした【シャドウパラディン】

 Gユニット及びジェネレーションブレイク能力主体の【シャドウパラディン】であり、基本的な戦術としては他の【シャドウパラディン】と同様リアガードを消費したヴァンガードの強化であり、特筆すべきことは特にない。

 他軸と比較した場合の特徴としてはサポートカードを用いた場合の圧倒的なリソース供給性能の高さが挙げられ、カウンターチャージソウルチャージ等の他にも、退却コストとなるカードの確保や消費の軽減に長ける等、コストが重いシャドウパラディンの大型Gユニットの取り回しの良さでは圧倒的な性能を持つ。

 難点としては他のGユニットジェネレーションブレイク能力主体のデッキや全般的な【シャドウパラディン】と共通するものに加え、要求シールド値を爆発的に増やす戦術・ギミックが他の【シャドウパラディン】程には導入が難しい点であり、攻撃自体はGユニット単体の性能に頼りきりとなりやすい為、攻撃性能としては比較的落ち着いたものに留まってしまっている。

 前述したようにカードアドバンテージの獲得性能は非常に高く、供給過多と言っても過言ではないレベルである為、基本的にはその特性を活かして手札の損耗を抑え、守備的に立ち回れるようなプレイング・構築が向いたデッキと言えよう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

他のデッキとの比較 節を編集

 【シャドウパラディン】の中でも動きが近いのは【ルアード】が挙げられる。
 こちらの主軸となる《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》とあちらの主軸となる《覚醒を待つ竜 ルアード》を比較すると退却に必要となるリソースの確保や軽減に関しては同程度だが、あちらはスペリオルコール対象の枯渇がしにくく、ノーマル超越コストを払わなくても良いことからやや見劣りしやすい。
 デッキ全体として差別化できる部分としてはストライドスキルリアガード退却を行わないので、リアガードが全て処理された場合でも十全に運用ができる事と、専用のサポートである《禁忌の魔道士 カファー》《アビス・サモナー》ディスアドバンテージ無くソウルの増加を行える事である。
 フィニッシャー候補のGユニットの多くがソウルブラストを要求しているので、見た目以上に差別化は容易といえる。

このデッキの弱点 節を編集

 アドバンテージの獲得力に関しては、ジェネレーションブレイク能力持ちのカードの多くが、他の【シャドウパラディン】よりもコスト効率に優れている。
 《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》《黒翼のソードブレイカー》《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》《鬼眼の魔道士 アルスル》等とのコンボにより、手札の補充によるアドバンテージの獲得のし易さは目を見張るものがあり、防御面に関しては十分な性能を誇る。

 一方で、相手に対して安定してディスアドバンテージを与える能力にやや乏しく、フィニッシャーとなるであろう《暗黒竜 スペクトラル・ブラスター “Diablo”》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》の決定力に依存しやすい傾向があるのが気になる。

 都合よく止めを差し切れば良いが、そうでなかった場合はそれ以降の決定打がなくなってしまう為、他のカードで対応しておきたい。

 その貴重な確定退却手段となりうる《デススプレイ・ドラゴン》等も採用しておきたい。

 ただし、Gユニット超越主体のデッキの宿命である相手グレード3以上のカードヴァンガードサークルに置かない戦術を取られた場合の動き出しが制限される為、Gユニットに依存するジェネレーションブレイク能力持ちのカードだけで統一するのはかなりリスクが大きい。
 同じく機能不全になりうるヴァンガード双闘に依存するカードも同様で、そういった状況に対処できるカードも採用しておく方が無難だろう。
 最低限のジェネレーションブレイク(1)の有効化を補助できる《エアーエレメント シブリーズ》《エアーエレメンタル ツイテルン》等が特に有用だが、《シャドウブレイズ・ドラゴン》等の汎用的に使えるリミットブレイク能力持ち等を繋ぎとして使う手もある。

 総じて、Gユニット超越が主体となる為攻撃力自体は高水準を誇るものの、決定打に不安があり、デッキアウトしやすいことが悩みの種と言える。

 その為アドバンテージを稼ぎやすい防御力の高いデッキは対抗馬となりやすく、それらに対しどのようにアプローチを掛けていくかが、このデッキの課題と言える。

関連リンク 節を編集