《エアーエレメント シブリーズ/Air Element, Sebreeze》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【Gゾーン】:[【カウンターブラスト】(2),手札から1枚選び、捨てる] あなたのグレード3のヴァンガードがいて、Gゾーンの表のカードが0枚で、相手のグレード2のヴァンガードがいて、直前の相手のターンのライドフェイズに相手の(V)にユニットが登場していなかったら、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 ファイターズコレクション2016で収録されたクレイエレメンタルGユニット

 カウンターブラスト(2)と手札1枚のドロップで、グレード3のヴァンガードがいて、Gゾーンの表のカードが0枚で、相手グレード2のヴァンガードがいて、直前の相手ターンライドフェイズ中に相手ヴァンガードサークルユニット登場していないなら、裏の自身を超越する起動能力を持つ。

 重めなコストを伴うものの、相手シークメイトノーマル超越の行使を敬遠してグレード3のカードライドを見送る戦術への対処ができる。
 相手が意図的にライドを見送ったときだけでなく、ライド事故を起こしている場合でも超越することが可能なため、そのような状況では一気に相手を追い込むこともできる。
 手札コストノーマル超越コストを1枚で済ませた場合と同等のカード消費なので、グレード3以上のカードコストにするのであればカウンターブラスト(2)のみがコストであるとも考えられる。
 《エアーエレメンタル ツイテルン》と異なり、Gゾーンに置かれた後、そこから離れることはないので、以降のターンGユニット超越またはコールできれば、ジェネレーションブレイク(2)の有効化を狙うことができる。

 メインフェイズ中に使える起動能力であるため、リアガードサークルへのノーマルコールリアガードの位置の移動ハーツ化される前のヴァンガードリアガード能力の使用等を行ってからこのカード超越する事もできる。
 要件の関係上いつでも使用できるわけではないが、可能な状況ならばプレイングの選択肢がより増える。

 また、Gユニット超越した時の能力誘発も狙うことができるが、それらの能力カウンターブラストを伴うことも多いことのでコストの工面には注意しておきたい。

 《エアーエレメンタル ツイテルン》の様に安定した運用をするために2枚目以降が腐りやすいカードを複数枚を採用する必要性もあまりなく、1枚採用しておくだけで対処できるのは優秀といえる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2067 (2016-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2142 (2016-04-28)
    Q. このカードの起動能力を使わず、ストライドステップにこのカードに超越する事はできますか?
    A. できます。
  • Q2143 (2016-04-28)
    Q. この超越で、「超越した時」の能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2144 (2016-04-28)
    Q. ライドも登場ですか?双闘する場合や超越はどうですか?
    A. ライドは「登場」です。双闘によってレギオンメイトがサークルに置かれるのも、超越によってGゾーンからカードがサークルに置かれるのも「登場」です。ターン終了時にハーツカードがヴァンガードになったり、デリートされていたヴァンガードが表になることは「登場」ではありません。
  • Q2145 (2016-04-28)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/049 RR イラスト/古賀あずさ幸運が、風に運ばれてくる。