《エアーエレメンタル ツイテルン/Air Elemental, Twitterun》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】:[このユニットを【レスト】する] あなたのグレード3のヴァンガードがいて、Gゾーンに表のカードがなく、直前の相手のターンのライドフェイズ中、ユニットが相手の(V)に登場していないなら、1枚引き、このユニットをGゾーンに表で置く。
【永】【Gゾーン】:このカードをGユニットとしても扱う。
【自】【Gゾーン】:グレード3以上のユニットが相手の(V)に登場した時、表のこのカードをドロップゾーンに置く。
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 刃華超克で収録されたグレード1のクレイエレメンタル

 1:1交換でGゾーンに置くことにより、Gユニット超越またはコールできていない状態でジェネレーションブレイク(1)を有効にすることができるカードである。
 要件グレード3のヴァンガードがいて、尚且つGゾーンの表のカードがあってはならないので、いち早くジェネレーションブレイク(2)以上を有効化するようなことはできない。
 さらに相手ライドが止まっていることが前提となっているので、「相手グレード3以上のヴァンガードがいないので、こちらがGユニットノーマル超越してジェネレーションブレイクを使うことができない」状態を回避することが利用目的となる。

 ジェネレーションブレイク主体のデッキでは、Gユニット超越できないと使える能力が一切無いということはあり得ることなので、利用価値は決して低くない。
 ただ、このカードリアガードサークルに置いていなければならず、そのためだけのカードメインデッキの枠を複数枚分割くのも難しい。
 少なくとも、ジェネレーションブレイクが一切有効でない状況下でこのカードを他の領域からスペリオルコールする手段がなければ活躍させにくいだろう。
 また、同様の対策カードとしては《エアーエレメント シブリーズ》もあり、Gデッキに1枚採用してコストが払えさえすれば使用できるあちらの方が確実性が高い。

 《エアーエレメント シブリーズ》にない利点としては、カウンターブラストを必要としないのに加えて、あちらが実質バニラGユニットヴァンガードにせざるを得ないのに対して、こちらは望んだグレード3のユニットをそのままヴァンガードとして運用できる点がある。
 ジェネレーションブレイクを使うがGユニット能力そのものはあまり重視せず、グレード3のユニットハーツ化せずにヴァンガードとしたまま戦うことを想定したデッキであればこちらの方が有利になりうる。
 また、こちらは相手ヴァンガードグレードには依存していないので、相手グレード3以上のヴァンガードがいる場合でも、こちらが一向にノーマル超越できていない、というような状態でも使える可能性があるが、相手が直前のターンライドフェイズ中にノーマルライドだけでなくノーマル超越等もしていない必要もあるのでかなり稀な状況だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 英語名からすると、「ツイテルン」は「twitter(小鳥のさえずり)」に由来しているようだ。

FAQ 節を編集

  • Q1994 (2016-02-18)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/104 C イラスト/ねじ太風が吹いたら、なんだか儲かる。