【カオス】 節を編集

概要 節を編集

 「カオス」やそのサポートカードを中心とした【星輝兵】

 《星輝兵 カオスブリンガー》や「カオス」のサポートカードを活用し、《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》能力アドバンテージに繋げるのが狙い。

 《混迷の星輝兵 ジンク》コスト補充を行ったり、相手呪縛カードを生成するためにカードを消費してしまった場合でも、自動能力によるドロー退却に繋がれば元が取れるため徐々に有利な状況に持ち込める。
 《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》能力コストにどちらも「星輝兵」のカードを必要とするため、メインデッキは自然と「星輝兵」のカードで固める構築になる。

構築について 節を編集

キーカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード1

「星輝兵」のカード 節を編集

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「星輝兵」以外のカード 節を編集

 手札ソウル等で、《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》能力コストに出来ないことに注意。
 枚数を絞るか、全く採用しないこともあるだろう。

―グレード1

このデッキの弱点 節を編集

 【星輝兵】の中でも相手呪縛カードへの依存が特に高いため、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《創世竜 フラジオレット・メサイア》を擁する【リンクジョーカー】等の呪縛の処理手段のあるデッキには圧倒的に分が悪い。
 《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》《獄門の星輝兵 パラジウム》《星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン》等のカードを消費する類の能力相手呪縛カードを生成するほど取り戻せないディスアドバンテージが膨れ上がっていく。

 そのような手段があるデッキに対しては長期戦は不利になる一方なので、どうにか短期決戦に持ち込みたい。

関連リンク 節を編集