星輝兵(スターベイダー) カオスブレイカー・ドラゴン/Star-vader, Chaos Breaker Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1) - カード名に「星輝兵」を含むカード] 相手のエンドフェイズ中、相手の呪縛カードが解呪された時、コストを払ってよい。払ったら、そのユニットを退却させ、1枚引く。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札からカード名に「星輝兵」を含むカードを1枚選び、捨てる] 相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。そのターン中、この能力は使えなくなる。(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 絶禍繚乱で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 リミットブレイクは、相手エンドフェイズ中、相手呪縛カード解呪された時にエスペシャルソウルブラスト(1)で、そのユニット退却させ、1枚ドローする自動能力

 実質的なアドバンテージの消費なしにリアガード1枚の退却と1ドローを行い、2枚分のアドバンテージを得られるのは極めて強力と言える。
 本来呪縛されたカードは2ターン後には解呪されリアガードとして復帰できるが、退却される事が確定してしまうと相手は次のターン以降にコールするための戦力も計上しておかねばならず、間接的にガード制限を掛ける働きも期待できる。

 一方で退却させることで直後のターンで行える呪縛の対象のリアガードは減る為、その拘束力が損なわれてしまいかねないのは相手リアガード呪縛することによる防御面の強みの一つが失われていると言える。
 そのため効果対象は特に理由が無ければ後列リアガードだけに絞るのが無難だろう。

 コストそのものは非常に軽いものの、【星輝兵】は積極的にソウルを溜められるデッキではなく、「星輝兵」に順当にライドできたとしてもグレード1とグレード2の2枚、ブレイクライド《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》他を加えても3〜4回程度と、使用回数にはどうしても限りがある。
 《混迷の星輝兵 ジンク》によるサポートを活用したいところ。

 それでも、3回誘発できれば単純に考えて6枚分ものアドバンテージを稼いでおり、十二分な効果は発揮できる。
 少なくとも、「星輝兵」のノーマルライドは可能な限り安定させておきたいところである。

 起動能力は、《星輝兵 ヴェノムダンサー》《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》のようにカウンターブラストだけでは行えずコスト手札の「星輝兵」1枚のドロップが加わり、1ターンに1回までしか使えないが、前列呪縛も行える。

 つまり「手札1枚で右か左の縦列1つのアタックを防止」という、ガードの先払いのような形になり、コストには十分見合った効果が得られる。
 またリミットブレイクが有効であれば次のターンエンドフェイズドローできるため、カードの消費も取り返すことができる。

 コストとしては軽いわけではないが、《伴星の星輝兵 フォトン》《星輝兵 コロニーメイカー》などの相手呪縛カードの存在を要件とする能力、そして自動能力との相性も抜群であるというのが非常に強力である。
 呪縛手段をこれだけに任せるには辛いが、要所を見極めて使う分には優秀である。

 なお、自動能力相手エンドフェイズ誘発するため、《日食の星輝兵 チャコール》を使わずとも、「相手ターンダメージゾーンが4枚以上になった直後のエンドフェイズ」でも、直前のターン呪縛を行っておけば、リミットブレイクを有効化し誘発を狙える可能性がある。

 これにより相手によるヴァンガードに対するアタックへの牽制が期待でき、相手ダメージゾーン増加かカードアドバンテージの損失の二択を迫る事ができる。

 起動能力は1ターンに1回しか使えないため、フィニッシャー要員として使える《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》《電離の星輝兵 ハフリウム》等に比べ、リミットブレイクが有効となってもこのカード単体では決定的な状況を作り上げるまでにやや時間がかかるのが欠点。
 この点は《伴星の星輝兵 フォトン》などで相手呪縛カードを追加生成できれればその分だけ改善され、パワーラインの面も《星輝兵 カオスビート・ドラゴン》を使うことである程度補うことができる。

 しかし、相手《創世竜 アムネスティ・メサイア》《解放者 モナークサンクチュアリ・アルフレッド》等の呪縛カードをまとめて処理する能力を有するカードを使っている場合、相手の攻め手を緩めることができない上に自動能力誘発も望めない。
 そうなるとアドバンテージを得るどころか手札コストすらも取り戻すことができず、その分ディスアドバンテージを負ってしまうので非常に不利な状況に陥りやすい。
 その場合は《星輝兵 コロニーメイカー》《星輝兵 カオスビート・ドラゴン》等でアドバンテージを稼ぐか、致命傷になる前に適当なGユニット超越するか《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》等のフィニッシャー性能の高いカード再ライドするかで対応せざるを得なくなる。

 《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》《星輝兵 ダークゾディアック》から繋げ、《伴星の星輝兵 フォトン》《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》を併用するコンボとの相性は強力無比であり、それらによる前列2枚、後列1枚の高効率の呪縛に加え、相手エンドフェイズにはその3枚を退却させて3枚ドローするという莫大なアドバンテージを稼げることになる。
 再ライド《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》コスト等によって、ソウルの「星輝兵」も増加しているためコスト不足にもなりにくい。

 また、その性質上、コスト呪縛を行う能力の対策としても機能する。
 退却させるユニットは必然的に相手にとってさほど重要でないユニットとなることが多いものの、こちらから呪縛カードを生成する手間を省いた状態でアドバンテージを得られるようになるのは大きい。

 ただ、ダメージゾーンの表のカードソウルが枯渇するとただのパワー11000バニラとなる。
 《混迷の星輝兵 ジンク》でそれらを補充するか、そうなる前にフィニッシュを決めるようにする、最悪Gユニット超越して切り替えられるようにしたいところ。

 リミットブレイクが有効化していれば《星輝兵 カオスブリンガー》相手メインフェイズ開始時の能力山札からこのカードスペリオルライドすることもできるので、特化したタイプであればこのカードライドできないということはまずないだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」にして、主にズー、メガラニカ侵略の指揮を取る指揮官。 他者を絶望させ堕とす事を至上の喜びとする歪な精神の持ち主であり、受け持ちでは無い他国の戦士もその手にかけている。 敵味方問わず甘言を弄して欺く為、他の指揮官からは「道化」と呼ばれ嫌悪されているが、如何な作戦においても必ず大きな成果を上げる為、本隊からの評価が非常に高い。 心は何者の干渉も受け無ければ絶望にも希望にも属さない。 なればこそ、ただ絶望を与えるよりも一欠片の希望を見せてから堕とした方がより効果的なのだ。 彼は唄う様に紡ぐ、「希望は存在する、だがお前に救いが訪れる事はない」と。 希望を与え、絶望に堕とし、希望を見せ、其れを砕く。 強い意志を宿す者達の目から光が消えるその瞬間、混沌の道化は口角を吊り上げ心からの笑みを浮かべる。

  • 判明しているだけでも10名近い敵の指揮官クラスの実力者を“Я”化させている。敵軍の混乱と終末の最終兵器に必要な負のエナジーの回収を同時に行っていた。

FAQ 節を編集

  • Q592 (2013-09-12)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q602 (2013-09-12)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q605 (2013-09-12)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q606 (2013-09-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミング1回につき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q607 (2013-09-12)
    Q. 「解呪された時」とはいつですか?
    A. 呪縛カードが裏から表に戻った時です。
  • Q608 (2013-09-12)
    Q. 2枚のカードが呪縛から解除された場合、このユニットの能力のコストを1回だけ払って、2枚退却させて、2枚引くことはできますか?
    A. いいえ、できません。解呪したユニット1枚につき、1回コストを払う必要があります。
  • Q609 (2013-09-12)
    Q. 解呪されたユニットを「獄門の星輝兵 パラジウム」の能力で呪縛して、呪縛されたカードに対してこのユニットのリミットブレイク能力を使用した場合はどうなりますか?
    A. 呪縛カードはユニットではないので退却は行わず、1枚引く効果のみ解決します。
  • Q610 (2013-09-12)
    Q. このカードの効果で「コンパス・ライオン」が退却しました。「コンパス・ライオン」が持つ「あなたのターンのエンドフェイズ開始時」の能力はどうなりますか?
    A. 能力は誘発せず、「コンパス・ライオン」は何も行いません。エンドフェイズでは、最初に呪縛カードを解呪します。そこで解呪されたことによって誘発する自動能力があれば解決します。「あなたのターンのエンドフェイズ開始時」の能力が誘発し、解決を行います。よって、「コンパス・ライオン」の能力は解決しません。「あなたのターンのエンドフェイズ開始時」能力が誘発するタイミングよりも前に、このユニットの能力で退却しているからです。
  • Q611 (2013-09-12)
    Q. 複数のユニットが解呪された時、「鉛筆従士 はむすけ」をこのカードのリミットブレイクで退却させました。退却した「鉛筆従士 はむすけ」の能力より先に、2回目のリミットブレイクを使用することはできますか?
    A. いいえ、できません。誘発し、待機状態にある自動能力の解決は、常にターンファイターの能力から先に行います。
  • Q651 (2013-09-13)
    Q. 2枚のカードが呪縛から解除された場合、このユニットの能力のコストを2回払って、2枚退却させて、2枚引くことはできますか?
    A. はい。2枚のカードが解呪された場合、「呪縛カードが解除された時」の自動能力が2回誘発します。それぞれについてコストを払うことで、能力を2回解決できます。
  • Q652 (2013-09-17)
    Q. 「星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン」の【リミットブレイク】能力で、「古代竜 イグアノゴーグ」が退却した時、「古代竜 イグアノゴーグ」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/007 RRR イラスト/DaisukeIzuka予告しておこう。 お前は、自ら呪縛(ロック)を請い願う。
BT13/S07 SP イラスト/DaisukeIzuka人の心を折るのは簡単だ。 まず「希望」を与え、それを打ち砕けばよい。