滅星輝兵(デススターベイダー) カオスユニバース/Death Star-vader, Chaos Universe》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバーゴーレム パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「滅星輝兵 カオスユニバース」を1枚選び、表にする] あなたの「カオス」を含むハーツカードがあるなら、カードのない相手の(R)を1つまで選び、相手は自分の手札から1枚選び、その(R)に呪縛カードとして裏で置く。Gゾーンの表のカードが2枚以上なら、相手のリアガードを1枚まで選び、呪縛する。

 月煌竜牙で収録されたリンクジョーカーGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、「カオス」のハーツカードがあるなら、カードのない相手リアガードサークル1つに、相手手札から1枚を呪縛カードとして置き、Gゾーンの表のカードが2枚以上なら、相手リアガード1枚を呪縛する起動能力を持つ。

 「カオス」のハーツカードがあることを要件とする効果は、カードのない相手リアガードサークルを要求されるものの、相手手札呪縛カードにする単発効果

 相手手札を減して相手の守りを薄くするだけでなく、【むらくも】【スパイクブラザーズ】のような前列リアガードを残さないタイプのデッキに対して多大な影響力を与えることができる。
 さらに《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》自動能力に繋げてしまえば、カードのない相手リアガードサークルを確保して再度の使用に繋げることができる。

 ただし、裏を返せば相手リアガードサークル全てにユニットがいる場合は、この効果を利用できないので注意したい。
 そういった状況ならば《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》等を超越した方が良いだろう。

 Gゾーンの表のカードが2枚以上あることを要件とする効果は、相手リアガード1枚を呪縛する単発効果

 コストが同じくカウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで使えるタイミングも共通する《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》と比べると、小回りは効くものの呪縛できるのは相手リアガード1枚のみで、抵抗持ちの呪縛も狙えない。

 解呪封じも行えないので拘束力も落ちるものの、次のターンでの《オルターエゴ・メサイア》《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》自動能力誘発させることができる利点としても見ることができる。
 その他にも、「星輝兵」や「カオス」をハーツ化していない場合においても、《伴星の星輝兵 フォトン》による手軽な追加呪縛《混迷の星輝兵 ジンク》によるカウンターチャージソウルチャージによる恩恵を受けられるようになる点も考慮すれば、《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》との差別化は十分に図れる。

 「カオス」をハーツ化して前半の単発効果と合わせて利用すれば、《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》と同じく相手カード2枚を呪縛カードに変えることができる。
 《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》のように縦列1つの制限がなければ解呪封じもないので、相手の左前列と右前列呪縛カードで埋めることができ、《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》自動能力誘発までのタイムラグも短いのは大きな利点である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

異世界からの侵略者「星輝兵」は、惑星クレイの侵略に失敗し、
その多くが破壊され、一部の残党は宇宙空間へ敗走した。
だが、司令官と目される1体の凶竜――ズー、メガラニカ、スターゲート、そしてドラゴンエンパイアと、
惑星を混沌に陥れた道化師は、その行方をくらませ、生死不明の状態であった。

時は流れ、「在るかも知れない未来」。カオスブレイカー・ドラゴンは、1体の玩具を造り上げた。
「呪縛」の力を無差別に放出し、あらゆる星を、次元を、時を混沌の渦に叩き込む傑作。
道化師は、ひとつの星に狙いを定め、玩具を向かわせた。
今度は、どのようなゲームが楽しめるのだろうか?
冷たい宇宙空間で、道化師が笑う。

FAQ 節を編集

  • Q1688 (2015-11-11)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1689 (2015-11-11)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1697 (2015-11-11)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1705 (2015-11-11)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q1706 (2015-11-11)
    Q. この能力で置かれるカードはユニットですか?「登場した時」のような能力は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。呪縛カードはユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/007 RRR イラスト/中村エイト道化師は言った。「ゲームオーバー」
G-BT05/S05 SP イラスト/中村エイト(※なし)