綺場(きば)シオン 節を編集

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」の登場人物。アニメでの声優は榎木淳弥。

概要 節を編集

 新導クロノ安城トコハと同じ学校に通う中学2年生でチームトライスリーのメンバー。
 綺場財閥の御曹司。
 整った容姿と穏やかで社交的な性格から、男女ともに人気が高い。フェンシングの名家に生まれ育つも、豊かな生活環境に甘んじることなく、努力を惜しまない。ヴァンガードの実力も周囲に一目置かれており、クロノと衝突しても涼しげな表情と態度は崩さないが、根は負けず嫌いな性格。

 フェンシングとヴァンガードの両立を否定する東雲ショウマを宿敵と認識しており、二つを手にする事を目標としている。

経歴 節を編集

 「カードファイト!!ヴァンガードG」初期では、クエストの途中で新導クロノと対峙し、敗北した事で彼に強い興味を持った。
 「仮面ゴースト」の事件の際、フェンシングの強化選手の誘いと事件の解決を天秤にかけられ、事件の解決を優先し、「仮面ゴースト」の正体である烏森ユウヤを追い詰めたが逃亡された。
 葛木カムイの思いつきで新導クロノ安城トコハと即席のチームを結成するが、感情任せの二人とそりが合わなかった。しかし、クロノのグレードを3にするために参加したミニ大会にて「チーム・トリックトリック」のイカサマを暴き、クロノの無実を証明し、その後も彼をサポートしている。
 地区大会では、本来の実力に疑問を抱いていたところを対戦相手の東雲ショウマに揺さぶりをかけられ、トコハ同様自分のファイトスタイルを乱してしまい、敗北してしまう。
 その結果、これからの人生で中途半端にヴァンガードと向き合うのは失礼だと判断し、一時はやめる決断をするも、納得のいかないクロノからファイトを申し込まれ、彼から、「一度負けたぐらいで逃げた弱虫野郎」等と本音をぶつけられ激怒。前回のファイトのリベンジを果たし、幼少時の頃と変わらぬ姿を見せ、後日改めてクロノとトコハに謝罪。チームのメンバーとしてヴァンガードと向き合うことにした。
 スペシャルマッチで東雲ショウマと再び対戦、執事の岩倉から送られた《飛天の聖騎士 アルトマイル》を使い、リベンジを果たした。

 「ギアースクライシス編」でも引き続きトライスリーのメンバーとしてGクエストに参加している。
 メガラニカ支部ではシャーリーン・チェンを破った。
 自らの誕生日に綺場家の継承者の儀式を行い、正式に綺場家の継承者に認識される。しかし、その一方でエースコーポレーションによる会社買収の危機が迫る中、「光輝の剣 フィデス」を奪った、代表者のエースと綺場家の命運をかけたパックファイトで勝負することになるが、敗北する。さらに叔父の綺場ウツギも傀儡として裏取引しており、結果綺場家は買収されてしまう。家と会社を失った彼は再建を図るために、家族とは別に一人でエースを追うものの、行き詰まってしまう。
 そんな失意の中、櫂トシキと出会い、彼とのファイトで何かをつかみ取り、その際「アジアサーキット編」で櫂が着ていた黒いジャケットを譲り受け、羽織るようになった。これ以降彼はエースの手がかりを見つけるために、ガラの悪い連中に協力を仰ぐなど、積極的になっていく。
 ドラゴンエンパイア支部では、ポイントを稼ぐためにチェイサーを挑発し、相性の悪いデッキを使用する三和タイシを難なく撃破した。
 ズー支部では、ファイト面ではなくチームのブレインとして実力を発揮し、調味料を調達した。
 スターゲート支部で因縁の櫂とファイトするも、敗北した。
 その後、エース明神リューズの関連性に気づき、烏森ユウヤを囮にエースを誘きだしてリベンジを挑んで勝利するものの、バイクに乗った人物の乱入によって逃げられてしまった。[1]この際、「エース」の正体が蝶野アムであると気づいた。ダークゾーン支部では、蝶野アムと再びファイトしているが決着が着く前にクロノが優勝を決めたので中断した。
 ユナイテッドサンクチュアリ支部では、リレーファイト雀ヶ森レンと対決し、敗北はしたものの、僅か3ターンの間に殆どの守護者を使わせておりチームの勝利の立役者となった。
 「アルティメットステージ」では、捨て身の戦術で遂に櫂トシキを破り、その成長を称賛された。
 その後、明神リューズ側についた東雲ショウマが全ての黒幕であることを知り、激昂したが伊吹コウジによって止められる。

 「ストライドゲート編」では、明神のラボから逃亡したカンパニー東雲ショウマを追っている。
 世界が明神のイメージに包まれてからは、裁定者の一人に選ばれて東雲との因縁のファイトに臨み、勝利するが、崩壊した瓦礫に押し潰されそうになった東雲を身代わりとなって助けた。[2]2か月後には、東雲ショウマから綺場HDの全権を返還され、改めて綺場家の継承者となった。[3]

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」では、福原高校に進学し、チームを結成したと新導クロノに報告している。[4]

 福原高校ヴァンガード部が存続の危機に瀕していることを最後の部員である早尾アンリから聞き、理事会を説得して部の存続を認めさせた。その際、条件として「U20チャンピオンシップに優勝すること(それにより福原高校の名を上げること)」を約束している。

 部室とファイトテーブルを確保した後、アンリの実力を確かめるためにファイトするが、彼の消極的なファイト運びに失望しかける。しかし、シオンのアドバイスを即座に生かし、立て直したセンスを認める。
 そして、ぜひ部長に、というアンリの頼みを断り、アンリを部長とした。

 その後、チームの3人目として羽島リンを誘う。最初は断られていたが、レジェンドコーチ制度により安城マモルが部室に来ることを告げてリンを誘い出し、言葉巧みにリンを乗せて部員及びチームメイトにしてしまう。

 チーム結成後、クロノのチームとの交流試合を行う。その中で、クロノを一番のライバルと認めた。

 漫画「カードファイト!!ヴァンガードG ストライドジェネレーション」では、新導クロノとのライバル関係がより明確になっており、岡崎クミがヴァンガードを始めるきっかけになった。
 ショップ大会の準決勝で揺さぶりをかける綾戸リクに敗北し、ヴァンガードへの情熱を失いかけていたが、クロノとのファイトで情熱を取り戻した。

人間関係 節を編集

  • 綺場ウツギ
    • 叔父。エースに唆され、綺場ホールディングスを乗っ取る。
    • 「ストライドゲート編」で東雲ショウマに社長の座を奪われ、最終決戦後ではシオンが社長の座に継いだが、彼の消息は不明。
  • 岩倉
    • シオン専属の執事。シオンの良き理解者であり、フェンシングの相手も務める。東雲との決戦に向かうシオンに《飛天の聖騎士 アルトマイル》を授けた。
    • 「ギアースクライシス編」以降は綺場家の買収事件の後はシオンの両親を支える為に別離することになった。
    • 「ストライドゲート編」の事件後は、執事に復帰した。
  • 新導クロノ
    • トライスリーのチームメイト。初心者でありながら高い実力を持つクロノをライバル視しているが、彼の無実を晴らしたり、アドバイスをするなど良好な関係を築いている。
  • 安城トコハ
    • トライスリーのチームメイト。当初は口煩いお節介だと思っていたが、誰よりも仲間想いであると知り、良好な関係を築いている。
  • 櫂トシキ
    • 「ギアースクライシス編」にてシオンに乗り越える壁として試練を与え、師と呼べる存在となった。
  • ブラッディエンジェル
    • 「ギアースクライシス編」以降で協力者となる。所謂不良ではあるが、根は善人。エース及び明神を追うシオンの頼みを快く引き受けている。
    • 「ストライドゲート編」でも引き続き、裏でカンパニーと戦う為の手助けをしている。
  • 烏森ユウヤ
    • 古き知り合いで、互いにフェンシングの実力は認めているものの、仲が良いわけではない。
    • 「ギアースクライシス編」にてユウヤは明神の綺場家買収に協力していた事を暴いて撒き餌にした。
  • 蝶野アム(エース)
    • 「ギアースクライシス編」にて東雲ショウマ等の命令で綺場家買収を実行し、シオンに追われることになった。
    • 正体判明後は、彼の前では「エース」であることを隠していない。
    • 「ストライドゲート編」では、明神リューズ東雲ショウマに利用されているとわかってはいるが、多大な損害を与えたことから許す気はなかった。しかし最終決戦前には弓月ルーナを救うために行動を共にすることを許し、決戦から2か月後には、最新の医療設備を提供したり、ファイトをするなど関係は改善されている。
  • 東雲ショウマ
    • 宿敵。彼がユナイテッドサンクチュアリ支部に潜入していた頃から執拗に付け狙われている。
    • 初期では、地区大会にて出会い、ファイト前に握手をするなど穏やかであったが、ヴァンガードとフェンシング、綺場家の運営の全てを成功させるという難しい願望を否定し、揺さぶりをかけシオンに勝利する。その後、支部の方針や烏森ユウヤを利用するなどの事から敵対視され、スペシャルマッチにてシオンにリベンジを果たされる。
    • 「ギアースクライシス編」で行われた綺場家買収の黒幕の一人でもある。
    • 「ストライドゲート編」では審判者のファイトで勝利し、因縁に決着をつける。ファイト終了後、瓦礫が落下してきたところを助けたが、この行動は自分でも理由がつかない行動らしい。事件後は、綺場HDの全権を返還された。
  • 明神リューズ
    • 綺場家買収の黒幕の一人。
    • 「ギアースクライシス編」では綺場家の財力を利用してストライドフォースを集める施設を建造している。

デッキ構成 節を編集

主な使用カード 節を編集

戦績 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG 初期」 節を編集

アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG 初期」通算成績:9戦4勝5敗

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル2号店
4話新導クロノ敗北
廃墟
15話烏森ユウヤ(仮面ゴースト)勝利
ドラゴンエンパイア支部
16話安城マモル敗北
カードキャピタル2号店
20話チームトリニティ・ドラゴン敗北チーム名前はまだない、特殊ファイト[5]
地区大会ベスト16
31話東雲ショウマ敗北
綺場邸
33話新導クロノ勝利
ユナイテッドサンクチュアリ支部
37話烏森ユウヤ勝利
38話神崎ユウイチロウ敗北
ユナイテッドサンクチュアリ支部スペシャルマッチ
42話東雲ショウマ勝利

アニメ「ギアースクライシス編」 節を編集

アニメ「ギアースクライシス編」通算戦績:9戦5勝3敗1中断

話数対戦相手勝敗備考
メガラニカ支部Gクエスト
2話シャーリーン・チェン勝利
綺場家
4話エース敗北パックファイト
コインランドリー
6話櫂トシキ敗北10回以上ファイト完敗
ドラゴンエンパイア支部Gクエスト
7話三和タイシ勝利
スターゲート支部Gクエスト
12話櫂トシキ敗北
倉庫
17話エース勝利
ユナイテッドサンクチュアリ支部Gクエスト
18話-19話チームFFAL4(レンアサカキョウ)勝利チームトライスリーリレーファイト
ダークゾーン支部Gクエスト
21話蝶野アム中断
Gクエスト・アルティメットステージ
24話櫂トシキ勝利

アニメ「ストライドゲート編」 節を編集

アニメ「ストライドゲート編」通算成績:1戦1勝0敗

話数対戦相手勝敗備考
ストライドゲート
46話東雲ショウマ勝利

アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」通算成績:14戦7勝1敗6不明

話数対戦相手勝敗備考
福原高校 ヴァンガード部部室
4話早尾アンリ勝利
ドラゴンエンパイア支部
6話新導クロノ不明最終的に3勝3敗となった
ドラゴンエンパイア支部 U20予選
10話大山リュウタロウ勝利
不明2勝ファイト描写省略
不明
U20ファーストステージ クレイスクランブル
15話鬼丸カズミ敗北ファイト描写省略
18話不明不明ファイト描写省略
19話U20出場者不明
ビル屋上
19話羽島リン勝利
クレイスクランブル
20話U20出場者不明
22話U20出場者不明停電で中断、復旧後に再開
23話U20出場者不明
24話U20出場者勝利
明日川タイヨウ勝利

漫画・ストライドジェネレーション 節を編集

ストライドジェネレーション通算成績:4戦2勝2敗

話数対戦相手勝敗備考
1巻
カードキャピタル2号店
#01-#02新導クロノ敗北新田シンが組んだ【ロイヤルパラディン】使用
#06葛木カムイ勝利
2巻
カードキャピタル2号店ショップ大会
#11-#13綾戸リク敗北綾戸リクは【ロイヤルパラディン】使用
単行本未収録
中学校の教室
#19-#21新導クロノ勝利互いのデッキを交換してファイト

関連リンク 節を編集


[1] アニメ「カードファイト!! ヴァンガード キアースクライシス編」第17話「シオンVSエース」。
[2] アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」第46話「光輝の剣」。
[3] アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」第50話「NEXT STAGE」。
[4] アニメ「カードファイト ヴァンガードG NEXT」第1話「Welcome to the NEXT STAGE!!」。
[5] デッキは1つ、ターン毎にファイターが交代する