(かい)トシキ 節を編集

 櫂トシキ(かい としき)は「カードファイト!!ヴァンガード」の登場人物で、本作のもう一人の主人公とも言える人物。アニメでの声優は佐藤拓也。
 名前の由来は、「船頭(せんどう)」が持つ舟の「櫂」。

概要 節を編集

 後江(ひつえ)高校に通う高校1年生(本編開始時時点)。圧倒的な実力の持ち主だが、ヴァンガードの大会には一切出場していなかった。

 他人を寄せ付けない冷淡な性格で、「チームQ4」結成以後も長きにわたって周囲から距離を置いていた。 三和タイシの知る小学校時代の彼は明るい人間だったが、両親の事故死とその後の出来事が現在の性格を形作る原因になった。

 口下手で基本的に自己中心的な性格のため友人の三和がついていないと決まって他人とトラブルになる事が多く、当初はファイトで勝つことだけがすべてだったため、先の性格も相俟って事件を起こすこともあった。

 物語開始の数年前に伊吹コウジから教わり三和タイシと共にヴァンガードを始めて、先導アイチ《ブラスター・ブレード》を渡しヴァンガードの世界に導いた先導者。
 その後すぐに引越し新たな学校で雀ヶ森レン新城テツと出会い、チーム「フー・ファイター」を結成。
 だが雀ヶ森レンが「PSYクオリア」を手に入れて変貌したことにより二人と袂を分かって元の町に戻り、一人暮らしを始めた。
その後先導アイチと再会し、物語が始まることになる。

 普段は口数が少ないが、ファイトにおいては饒舌になることが多く、また「スタンドアップ・ザ・ヴァンガード」「チェック・ザ・ドライブトリガー」、「ファイナルターン」など、特徴的な台詞回しを多用する。
 その圧倒的な強さと存在感は間違いなく登場人物にも視聴者にも大きな影響を与えていると言えるが、それがためにアニメ初期や「アジアサーキット編」、漫画版と連続して最後の敵に挑んで敗北する「かませ犬」的な役割にもなってしまっている。

 みにヴぁんでは、漫画版寄りな性格で、アイチやカムイとも普通に喋っている。比較的まともなツッコミ要員だが、お茶目な面も強く(特に猫関連)、ネタキャラ的な扱いを受ける事が多い。

経歴 節を編集

 「アジアサーキット編」ではかげろうの封印による影響からなるかみを使用している。謎を解くためチームQ4を離れ、チームNAL4のメンバーとしてアジアサーキットに参加し、ソウルステージを勝ち抜いた。
 蒼龍レオンとの戦いではアクアフォース復活の為にロイヤルパラディンシャドウパラディンかげろうの三クランを生け贄にしたことを怒っており、先導アイチを見守ることしかできなかった事を詫びる描写もあった。

 「リンクジョーカー編」では、後江高校カードファイト部の副部長となり森川カツミデッキを託したり、打倒先導アイチを掲げる井崎ユウタを鍛える等、人間として大幅に成長したものの、先導アイチ雀ヶ森レンのファイトを観戦するうちに劣等感を覚え、虚無(ヴォイド)の化身となった立凪タクトに敗れると同時に、誘惑に敗れて「己の力で戦う」信念をも捨ててしまい、地球のファイターの“Я(リバース)”化を先導するファーストリバースファイターとして暗躍する。
 その力で最大のライバルであるアイチとレンに勝利し、タクトにすら勝負を挑もうとするが、最終的には再起しタクトをも打ち倒したアイチと再戦。
 実はそのファイトを最後にヴァンガードを捨てるつもりでいたが、アイチの説得により思い直した。

 アニメ「レギオンメイト編」では、アイチの存在とその痕跡が突如消滅した中でただ一人アイチのことを完全に覚えており[1]、事実上の主人公となっている。それに際し、これまでのシリーズとは異なった感情や仲間思いな面を素直に表に出すようになっており、「リンクジョーカー編」での出来事を経て人間的に成長した様子が窺える。
 降ってきたロイヤルパラディンデッキを唯一の手掛かりとして、石田ナオキ戸倉ミサキ三和タイシの記憶を取り戻させ、アイチを救う為に情報を探る過程で、カトルナイツオリビエ・ガイヤールと出会うが、敗北する。その後はプリズンによる危険なファイトに仲間を巻き込まない様に一人で戦おうとするが、葛木カムイの説得を受けて思い直す。
 レンが何かを隠していることを知り、ファイトで勝利する事で手掛かりを手に入れたが、ゲートから表れたリンクジョーカーを手にした立凪コーリンを説得しようとしたが跳ね退けられて敗北し、ゲートを閉ざされた上、《ブラスター・ブレード・探索者》を持ち去られ、再び手掛かりを失ってしまう。
 蒼龍島にて特訓を行うが、既にロイヤルパラディンでの戦績が振るわなくなっており、スランプ状態に陥っていた。三和タイシの後押しで「本当の自分」で戦うとして再びかげろうデッキを使用することになる。
 ラウル・セラの策略で聖域に招かれ、オリビエ・ガイヤールに勝利して第2の封印を解いたが、セラの反逆によりカトルナイツと一時休戦してアイチの封印の真実を知る。
 セラの反逆の過程でガイヤールと認め合い、再び彼を下してアイチの救出を依頼される。
 アイチが封印されることを選んだ責任は自分にあるとして、自分が彼の身代わりになろうとしたが、アイチとのファイト中に《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》の心の声を聞き、《ブラスター・ブレード・探索者》の剣はあらゆる物を切り裂くことから「シード」の分割を思いつき、アイチを救った。
 最終話ではガイヤールと共にユーロリーグに挑戦することを明言している。

 劇場版「ネオンメサイア」では「チームQ4」のメンバーと共に行動。葛木カムイ先導アイチと共に伊吹コウジに挑む。

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では
ユーロリーグにてオリビエ・ガイヤールフィリップ・ネーヴと共にトップファイターとして活躍している。

 序盤では、SNSにて登場する脇役として出演。ギアクロニクルについては彼もその存在を知らなかった模様である。

 「ギアースクライシス編」では伊吹コウジの「Plan-G」の召集に応じて日本に帰国。ドラゴンエンパイア支部のゲストとして三和タイシ石田ナオキ小茂井シンゴと共に参加している。その際、同じ【かげろう】使いである安城マモルともファイトしている。
 また、絶望の淵に置かれた綺場シオンを希望へ導くきっかけにもなった。
 無愛想な性格は変わらないが、ファイトを通してシオンを鼓舞したり、大人気ない伊吹に突っ込みを入れたりする等、これまでにはなかった世話役の面も見られるようになる。

 アルティメットステージでは、シオンの捨て身の戦法に敗れ、彼の功績を讃えた。

 「ヴァンガードG NEXT」では、伊吹コウジに協力している。
 《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》ディフライドされた星崎ノアを追い、ノアのチームメイトである西沢アラタ浅田マコトと共に海外に渡った。

 漫画版でも三和タイシ伊吹コウジと幼少期からの友人であったが、両親が一族で経営している会社のお金を横領して夜逃げしたため、親戚の家をたらい回しにされ、転校を余儀なくされた過去を持つ。この際、親戚に厄介者扱いされたことが彼の心を荒ませる原因となった。
 転校先に近い新城テツの父が経営するカードショップで雀ヶ森レンと出会うが、アニメ版と違い友人というわけではなかった。
 アイチと再会してからは少しずつピュアな心を取り戻し始め、フー・ファイターを倒して雀ヶ森レンとファイトするが、敗北し、アイチとレンのファイトを見守った。
 その後はアイチとの本気のファイト中にPSYクオリアが発現し、《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》能力ヒールトリガーを無効化して勝利した。

 第二部では、しばらく目立った活躍をしていなかったが伊吹コウジと再会し、ファイトに敗れたことでユニット達との絆を絶ち切られてしまった。それでも彼は伊吹に「きっとまたヴァンガードを再開する」と宣言し、ファイターでなくても友達である事に変わりはないとして伊吹を許した。

人間関係 節を編集

  • 三和タイシ
    • 幼い頃からの親友。口では邪険に扱う事もあるが、なんだかんだ連んでいる。
    • 「レギオンメイト編」では、共に戦う仲間「メイト」となる。
  • 伊吹コウジ
    • 櫂にとっての先導者。小学生時代、彼の誘いで「ヴァンガード」と出会う。
    • 「ネオンメサイア」では敵対するも、その後は友人関係に戻った。
    • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」では、彼に協力している。
  • 雀ヶ森レン
    • 中学生の時、彼と交流を深め、チーム「フー・ファイター」を結成するが、レンがPSYクオリアに目覚めて人格が豹変したことから決別した。
    • 「アジアサーキット編」以降では、友人関係となっている。
  • 新城テツ
    • 中学生時代のチーム「フー・ファイター」の一員。レンと決別したとき、彼とも袂を分かった。
    • 「アジアサーキット編」以降では、友人関係となっている。
  • 戸倉ミサキ
    • チームメイト。仲が良いとは言えないが、互いに実力は認めている。
    • 「レギオンメイト編」では、共に戦う仲間「メイト」となる。
  • 葛木カムイ
    • チームメイト。なにかと突っかかるカムイを、軽くいなしている。
    • 「レギオンメイト編」では、共に戦う仲間「メイト」となる。
  • 六月ジュン
    • 裏ファイト界の「キング」。互いに実力を認め合う友人となる。
  • 井崎ユウタ
    • 後江高校ヴァンガード部員。「強くなりたい」という彼の気持ちに応え、コーチした。
  • 石田ナオキ
    • 「レギオンメイト編」で、共に戦う仲間「メイト」となる。
  • 綺場シオン
    • 「ギアースクライシス編」にて、彼に試練を課し、成長を促した。

デッキ構成 節を編集

使用クランの変遷が激しく、特に「リンクジョーカー編」中で2度にわたって使用クランを変更、合計3つのクランを使用したというアニメ全体で見ても多岐にわたるデッキを用いたキャラクターになっている。

主な使用カード 節を編集

戦績 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」 節を編集

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」通算成績:12戦9勝2敗1中断

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル
1-2話先導アイチ敗北
7話葛木カムイ勝利
ショップ大会(1回目)
12話戸倉ミサキ勝利
13話葛木カムイ勝利
地区大会(1回目)
20話小松原カオル勝利
全国大会(1回目)
29話キックのシュウ勝利
30話矢作キョウ勝利
裏ファイト場
36話六月ジュン勝利
40話ビーカー鈴木勝利
裏ファイト場
44話立凪コーリン勝利
49-50話先導アイチ中断
フー・ファイタービル
57-58話雀ヶ森レン敗北

アニメ「アジアサーキット編」 節を編集

アニメ「アジアサーキット編」通算成績:5戦4勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
公園
67話先導アイチ勝利
雪山
77話矢作キョウ勝利
VFサーキット・ソウルステージ
80話葛木カムイ勝利
82話臼井ガイ勝利
VFサーキット・ファイナルステージ
102話蒼龍レオン敗北

アニメ「リンクジョーカー編」 節を編集

アニメ「リンクジョーカー編」通算成績:9戦7勝2敗

話数対戦相手勝敗備考
後江高校
110話石田ナオキ勝利
VF甲子園予選会場
120話小茂井シンゴ勝利
立凪ビル
127-128話立凪タクト敗北立凪タクトЯ
福原高校
128-129話新城テツ勝利櫂トシキЯ
空港
135話光定ケンジ勝利櫂トシキЯ
公園
147話三和タイシ勝利櫂トシキЯ
立凪ビル前
153-154話先導アイチ勝利櫂トシキЯ
立凪ビル屋上
158-159話雀ヶ森レン勝利櫂トシキЯ
162-163話先導アイチ敗北

アニメ「レギオンメイト編」 節を編集

アニメ「レギオンメイト編」通算成績:11戦6勝4敗1中断

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル
164話石田ナオキ中断
165話戸倉ミサキ勝利
167話三和タイシ勝利
169話オリビエ・ガイヤール敗北
カードキャピタル
171話葛木カムイ敗北
フー・ファイタービル
175話雀ヶ森レン勝利
聖域入り口
177話立凪コーリン敗北
蒼龍の島
178話蒼龍レオン敗北
聖域
184-185話オリビエ・ガイヤール勝利
聖域・月の宮
192話オリビエ・ガイヤール勝利
193-194話先導アイチ勝利

劇場版「ネオンメサイア」 節を編集

ネオンメサイア通算成績:2戦2勝0敗

話数対戦相手勝敗備考
メサイアスクランブル予選
光定ケンジ勝利
メサイアスクランブル決勝
伊吹コウジ勝利変則タッグファイト(パートナー先導アイチ)

アニメ「ギアースクライシス編」 節を編集

ギアースクライシス編通算成績:4戦3勝1敗。

話数対戦相手勝敗備考
ドラゴンエンパイア支部
5話安城マモル勝利
コインランドリー
6話綺場シオン勝利10回以上ファイト完勝
スターゲート支部Gクエスト
12話綺場シオン勝利
Gクエスト・アルティメットステージ
24話綺場シオン敗北

漫画版 節を編集

漫画版通算成績:10戦4勝4敗1不明1中断

話数対戦相手勝敗備考
カードファイト!!ヴァンガード0 スタートセット
公園
#000伊吹コウジ勝利回想
1巻
カードキャピタル
#001森川カツミ勝利
#001先導アイチ敗北
2巻
カードキャピタル
#005川並ミナミ中断川並ミナミ逃亡
3巻
フー・ファイタービル
#014鳴海アサカ勝利
4巻
フー・ファイタービル
#015-#017雀ヶ森レン敗北
5巻
カードキャピタル
#021-#024先導アイチ勝利PSYクオリアを発現
7巻
カードキャピタル
#035先導アイチ不明
10巻
カードキャピタル
#055-#058伊吹コウジ敗北
12巻
ヴァンガード甲子園 準決勝
#075先導アイチ敗北

小説版 節を編集

小説版通算成績:3戦2勝0敗1不明

話数対戦相手勝敗備考
アジアサーキット編
相模ヒエリ勝利
相模ヒエリ不明
アジアサーキット編 戦え! 友情のタッグファイト
先導アイチ&汽水タカキ勝利タッグファイト(パートナー雀ヶ森レン)

関連リンク 節を編集


[1] アニメ「カードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編」第164話「消えた先導者」。
[2] アニメ「カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」第154話「絆の先に」。