ラウル・セラ 節を編集

 ラウル・セラ(らうる せら)はアニメ「カードファイト!!ヴァンガード レギオンメイト編」の登場人物。アニメでの声優は興津和幸。

概要 節を編集

 元カトルナイツの一員。「凍てつく氷のセラ」の異名を持つ。

 南米のヴァンガードファイター。
 南米屈指の大地主の一族の出身で、富を持つがために起こる一族間の争いはヴァンガードファイトで行い、敗者は全てを失い、勝者は敗者の全てを得る戦いを切り抜けた後に一族の後継者となり、その実力で南米チャンピオンになった。

 実力だけでなく、相手を利用する策を思いつくだけの計算高さと、それを周囲の人物に悟らせない高い演技力を持つ。

 「リンクジョーカー編」の時に、南米のファイターを率いてリンクジョーカーを撃退していたようである。

 「レギオンメイト編」にてリンクジョーカーが撃退された後に訪ねてきた先導アイチの中にあるリンクジョーカーの種子の存在を知る。
 そして、それを手に入れるためにアイチに協力するふりをしてカトルナイツとなり、櫂トシキらメイト達に適度な情報を与えつつ彼等の成長を促し、オリビエ・ガイヤールら他の3人のカトルナイツを倒す筋書きを思いつく。
 モレス・ペニーワース石田ナオキの元に差し向けてアイチを隠している組織があることを伝え、三和タイシ葛木カムイに勝つ事でカトルナイツの強さを見せつけメイトの成長を促し、モレスを使ってメイトを聖域に招き入れ、石田ナオキにわざと負けることで自らの第1の封印を破らせた。

 その後、櫂トシキオリビエ・ガイヤールに勝利し、第2の封印が破られた事を期に本性を現す。
 手始めに邪魔なメイトとガイヤールを氷の檻に閉じ込め、フィリップ・ネーヴを騙して先導アイチと戦わせて第3の封印を破り、新たに手にしたリンクジョーカーの力でラティ・カーティに圧勝して第4の封印を破り、アイチの元へ向かう。
 アイチのシードを奪おうとしたところで雀ヶ森レン蒼龍レオンによって檻から解放されたガイヤールに勝負を挑まれ、彼の予想外の強さに敗北してしまう。
 敗北と同時にカトルナイツの証を失ったことで、メモリー・ジャッジメントを受け聖域から追放された。[1]

 因みに自身のセリフから察するにカトルナイツの中では実力的に比較的格下として振る舞っていた様だ。

 比較的珍しい完全な悪役であったせいか、モレス共々劇場版「ネオンメサイア」以降は登場していない。

 ただし、「カードファイト!!ヴァンガードG」では明神リューズの協力者の一人であるという裏設定がある。[2]

 プリズン展開時の台詞は「お相手しましょう、貴様の魂ごと凍らせてやろう! 誘わん、いざ。ミレニアム・ブリザード・プリズン!」
 ジャッジメント時の台詞は「吹きすさべ、極寒のブリザード! ジャッジメント!」

人間関係 節を編集

  • 先導アイチ
    • 「レギオンメイト編」にてアイチの中に眠る「シード」を手にいれる為、忠誠を装う。実際には愚か者として認識しているようだ。
  • 明神リューズ
    • 明神の計画に賛同し、協力しているらしいが、その真意は不明。

デッキ構成 節を編集

主な使用カード 節を編集

戦績 節を編集

アニメ「レギオンメイト編」 節を編集

アニメ「レギオンメイト編」通算成績:5戦3勝2敗

話数対戦相手勝敗備考
170話三和タイシ勝利ファイト描写省略
空港
174話葛木カムイ勝利
聖域
180話-181話石田ナオキ敗北
188話ラティ・カーティ勝利
189-190話オリビエ・ガイヤール敗北

関連リンク 節を編集


[1] この時、セラの従者という名目で月の宮に入る事を許されていたモレスも同様に追放された様である。
[2] 「ギアースクライシス編」にてアイチやラティと戦う展開も用意されていたようだが、様々な事情で本編未登場となった様である。