《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
かげろう - フレイムドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:アタックしたバトルの終了時、以下から1つ発動する。ただし、同じターンに同じ効果は発動しない。
-あなたの手札が4枚以下なら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]することで、このユニットを【スタンド】し、ドライブ-1。
-あなたの「オーバーロード」を含むソウルがあるなら、【コスト】[手札を3枚捨てる]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、パワー+10000/ドライブ-1。

 The Heroic Evolutionで収録されるグレード3のかげろう

 アタックしたバトルの終了時に、2種類の方法から1つ選んで自身をスタンドできる。
 同じ方法ではスタンドすることはできないが、いずれかでスタンドできれば、もう一方を発動することで2回ものヴァンガードスタンドを行える。
 ただし、2回目のスタンドをした場合、基本的にドライブは0となり、ドライブチェックを行えないので注意したい。
 自身が何度もアタックできる性質から、ヴァンガードサークルフォースで強化しておきたい。

 1つ目は、ドライブチェック以降に手札が4枚以下にする必要があるものの、ディスアドバンテージ無しでスタンドする事ができる。
 こちらだけを使うのであれば、スタンドに加えて手札の増加まで狙えるので非常に強力である。

 ただし、ドライブチェック前の段階で手札を2枚以下にしておく必要がある上、ドライブチェックドロートリガーが出て手札が5枚以上になる場合もあるので注意したい。
 2つ目のスタンド方法と併用する場合は、先にあちらを発動させて、コスト手札を2枚以下に減らしておくのも良いだろう。

 2つ目は、ソウルの「オーバーロード」の要件に加えて、手札3枚のドロップが必要だが、自身のスタンドに加えてパワー+10000できる。
 パワーの増加はターン中持続するので、こちらのスタンド方法を先に使用してから1つ目のスタンドを行うのが良いだろう。
 反面、このスタンド方法を選ぶといずれも手札の消費は1:3交換となるので、次の相手ターンを凌ぎにくい事もあるので、使いどころは見極めておきたい。

 《ワイバーンストライク デカット》起動能力と組み合わせると、このユニットアタック1回で相手手札を2枚以上奪いやすくなる。
 相手手札コストに使う完全ガードを使用すれば、手札3枚の消費を見込める。
 スタンドすれば、相手手札を大量に減らすことができ、2回スタンドすれば余程フィニッシュを狙えるだろう。

 プレミアムスタンダードであれば、更に《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》《ドゥームブリンガー・グリフォン》のサポートを受けられる。ただし、《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)《ドーントレスドライブ・ドラゴン》のブレイクライドスキルを適用したらこのカード能力でのスタンドは適用されないので、注意が必要。

 《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》双闘すると、フォースの獲得こそできないが、双闘中のドライブレギオンリーダーのあちらを参照するため、こちらのスタンド時にドライブが下がってもツインドライブ!!を保ったままスタンドすることができる。
 1つ目のスタンド手段だけ使用するならば手札を2枚増やすことができる。

 再ライド《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》等を利用してソウルの「オーバーロード」の要件を満たす必要があるものの、両方のスタンド手段を使用する場合でも2回のスタンドに加えて手札1枚を増やすことができるのは非常に強力といえる。
 また、《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》双闘した時に手札を増やすことができるので、手札コストを用意できるのも優秀である。

 ヴァンガードサークルフォースⅠ双闘している場合、ヴァンガード両方にパワー+10000ずつでき、高いパワーを持続したまま何度もスタンドできるので、《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》再ライドする形になる場合は、先にライドする「オーバーロード」でフォースⅠを獲得しておくことが得策だろう。

 ただし、《ドゥームブリンガー・グリフォン》は別段相性は良くない。

  • 「カードファイト!! ヴァンガード 2019」第6話(VS安城マモル)ではついに初勝利を飾った。
  • 余念だが実は「カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編」第6話(VS綺場シオン<1回目>10連戦)と同じ話数だった。
  • 一般販売版では極稀に双剣覚醒イラスト版を収録。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Heroic EvolutionV-EB07/001 VR イラスト:タカヤマトシアキ必ずここで終わらせる。エターナル・アポカリプス!
V-EB07/SV01 SVR イラスト:タカヤマトシアキなし
V-EB07/XV01 XVR icon:MAMEX HA? イラスト:タカヤマトシアキ