《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
かげろう - フレイムドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:アタックしたバトル終了時、以下から1つ発動する。ただし、同じターンに同じ効果は発動できない。
・あなたの手札が4枚以下なら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]することで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。
・あなたの「オーバーロード」を含むソウルがあるなら、【コスト】[手札を3枚捨てる]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、パワー+10000/ドライブ-1。

 The Heroic Evolutionで収録されるグレード3のかげろう

 アタックしたバトルの終了時に、2種類の方法から1つ選んで自身をスタンドし、ドライブ-1できる。
 同じ方法ではスタンドすることはできないが、いずれかでスタンドできれば、もう一方を発動することで2回ものヴァンガードスタンドを行える。
 ただし、2回目のスタンドをした場合、合計でドライブ-2が適用され、それ以降このカードドライブ0となりドライブチェックを行えなくなるので注意したい。
 自身が何度もアタックできる性質から、ヴァンガードサークルフォース・マーカーを配置して強化しておきたい。

 1つ目は、解決時の時点で手札の枚数が4枚以下となっている必要があるものの、ディスアドバンテージ無しでスタンドする事ができる。
 こちらだけを使うのであれば、スタンドに加えて手札の増加まで狙えるので非常に強力である。

 ただし、基本的にドライブチェック前の段階で手札を2枚以下にしておく必要がある上、ドライブチェックドロートリガーが出て手札が5枚以上になる場合もあるので注意したい。
 2つ目のスタンド方法と併用する場合は、先にあちらを発動させて、コスト手札を2枚以下に減らしておくのも良いだろう。

 2つ目は、ソウルの「オーバーロード」を含むカードがあるならという要件に加えて、手札3枚のドロップが必要だが、自身のスタンドに加えてパワー+10000できる。
 再ライド前提の要件は気になるところであるが付属のパワーの増加効果ターン中持続するので、こちらのスタンド方法を先に使用してから1つ目のスタンドを行うのが良いだろう。
 反面、このスタンド方法を選ぶといずれも手札の消費は1:3交換、再ライド分の手札消費まで考慮に入れると合計で3枚分のディスアドバンテージを負ってしまい、次の相手ターンを凌ぐ手札が残りにくくなるため使いどころは見極めておきたい。

 《ワイバーンストライク デカット》起動能力と組み合わせると相手はこのカードアタックしたバトルでは手札からコールを2枚以上でしか行えなくなるので、フォース・マーカーⅡクリティカルトリガー等でガード強要が行えれば複数回のアタック相手手札消費の加速を狙える。
 特に相手守護者コールして完全ガードを使用すれば、コストを含めて手札3枚の消費を見込める。
 それをスタンド前後でそれを行わせることに成功すれば相手手札を合計6枚減らすことができ、その上で2回目のスタンドを行えば十分にフィニッシュを狙えるだろう。

 プレミアムスタンダードであれば、更に《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》《ドゥームブリンガー・グリフォン》のサポートを受けられる。
 ただし、このカード能力はそれぞれの要件が満たされていなかったりコストが払えない場合でも必ずどちらかの効果を1つ選んで発動しなければならないため、ドライブが減る前に使いたい《ドーントレスドライブ・ドラゴン》《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)効果で与えられるスタンド能力との相性は悪く、それらはこのカードよりも《ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート》と組み合わせた方が良いカードなので注意したい。

 《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》双闘すると、イマジナリーギフトの獲得こそできないが双闘状態のヴァンガードドライブレギオンリーダーの数値のみを参照するため、スタンドした時にこのカードドライブがいくら減ったとしてもドライブ2のヴァンガードスタンドを常に成立させることができる。
 それにより2回スタンドする場合の手札消費は再ライドを考慮に入れても4:4交換で相殺されるようになり、1つ目のスタンド手段だけ使用するならば手札を2枚増やすことができる。

 再ライド《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》等を利用してソウルの「オーバーロード」の要件を満たす必要があるものの、両方のスタンド手段を使用する場合でも2回のスタンドに加えて手札1枚を増やすことができるのは非常に強力といえる。
 また、《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》双闘した時に手札を増やすことができるので、手札コストを用意できるのも優秀である。

 ヴァンガードサークルフォース・マーカーⅠヴァンガード双闘している場合、双闘状態のヴァンガード2枚にそれぞれにパワー+10000が加算され、高いパワーを持続したまま何度もスタンドできるので、《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》再ライドする形になる場合は、先にライドする「オーバーロード」を含むカードイマジナリーギフトアイコンフォース・マーカーⅠヴァンガードサークルに配置しておくことが得策だろう。

 ただし、《ドゥームブリンガー・グリフォン》は別段相性は良くない。

  • 「カードファイト!! ヴァンガード 2019」第6話(VS安城マモル)で使用された。本来はマモルのカードで、櫂に譲られた。
  • 一般販売版では極稀に双剣覚醒イラスト版を収録。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Heroic EvolutionV-EB07/001 VR イラスト:タカヤマトシアキ必ずここで終わらせる。エターナル・アポカリプス!
V-EB07/SV01 SVR イラスト:タカヤマトシアキなし
V-EB07/XV01 XVR icon:MAMEX HA? イラスト:タカヤマトシアキ