《ドーントレスドライブ・ドラゴン/Dauntless Drive Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):《かげろう》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000し、【自】(V)】:[あなたの手札から3枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのターン中、このユニットが【スタンド】していないなら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】する。』を与える。
【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 封竜解放で収録されたグレード3のかげろう

 ヴァンガード1枚にパワー+10000と『アタックしたバトルの終了時にそのターン中にスタンドしていないなら、手札3枚のドロップで自身をスタンドする自動能力』を与えるブレイクライドを持つ。

 パワー+10000を得たヴァンガードツインドライブ!!も失わずに再スタンドできるため、ただブレイクライドするだけでも詰めの一手として文句なしに強力である。

 ただし、カード消費は3:2交換で1枚分のディスアドバンテージ、さらに再ライドしたことによる消費も含めて合計2枚分のディスアドバンテージとなるため、詰め切れなかった場合の反撃に対する防御には少々不安が残る。

 《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》との組み合わせでは、グレード4であることでブレイクライド誘発が遅いという欠点をある程度相殺でき、相手コールを制限した上にダメージチェックも無視するヴァンガードの再スタンドという圧倒的優位な状況が作り出せる。
 事前にジェネレーションブレイク(1)まで有効にすることができていれば《バーサークロード・ドラゴン》能力誘発回数を稼げるようになり、制圧力をさらに高められる。

 その他にも、ヴァンガードアタックした時に誘発する能力を持つ《クルーエル・ドラゴン》《ブラストバルク・ドラゴン》との相性も良い。
 《クルーエル・ドラゴン》退却能力で1枚のアドバンテージを2回得られるので、ブレイクライド手札コストディスアドバンテージの相殺が期待できる。
 一方、《ブラストバルク・ドラゴン》手札の消耗が加速するため凌がれた場合のリスクが大きいが、パワークリティカルの増加によりフィニッシャーとして申し分ない性能を発揮できる。

 上記のように様々なカードと好相性だが、《ドーントレスドミネイト・ドラゴン “Я”》をこのカードクロスブレイクライドさせた場合でも、《ドーントレスドミネイト・ドラゴン “Я”》起動能力で得られる能力が「ターン中のパワー増加がある」「ドライブチェックの機会を増やすことで誘発機会を増やせる」という特徴を併せ持っているため、非常に相性が良い。

 他にもグレード+1/ドライブ+1とスタンド能力を得られる《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》と組み合わせてみるのも面白い。
 ブレイクライドとは別にジェネレーションブレイク(2)の有効化やコストの確保等の課題が付き纏うことになるものの、単体パワー36000に達した上で合計で2回のスタンドと9回のドライブチェックを行う事ができ、《スフィリカルロード・ドラゴン》《皇竜騎士 ネハーレン》自動能力も最大で3回の誘発を狙えるようになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

初代皇帝の代より生きる最古参のフレイムドラゴンの一人。 かつて誰よりも強さを追い求めた熱き魂を持つ竜戦士だったが、歳を重ねる度に己の力の在り様について迷うようになり、齢4,000を数える年に霊峰へと隠居、その身体に自ら封印を施し眠りについた。 しかし、その封印は“リンクジョーカー”という思わぬ来訪者の出現によって破られる事になる。 襲撃をきっかけに覚醒した彼は、侵略者の先兵を蹴散らした後、不撓不屈の竜「ドーントレスドライブ」を名乗り“かげろう”に帰属した。 老将の揺るがぬ闘志は、浮き足立つ者を鼓舞し、奮起させる。 いずれ侵略者達は後悔するだろう。 絶望を恐れぬ不滅の戦士を呼び覚ましてしまった事を。

FAQ 節を編集

  • Q427 (2013-04-26)
    Q. このユニットにライドした「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」が「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」の能力でスタンドしてもう一度アタックを行いました。そのバトルの終了時に、このユニットの能力で「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」をスタンドできますか?
    A. いいえ、できません。すでにそのターンで「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」はスタンドしているため、コストを支払えないからです。
  • Q428 (2013-04-26)
    Q. 『【自】【(V)】:[あなたの手札から3枚選び、捨てる]このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのターン中、このユニットがスタンドしていないなら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットをスタンドする。』を得たユニットでアタックして、能力を使ってスタンドしました。再びアタックした時にこのユニットはレスト状態になりますが、能力を使ってスタンドすることはできますか?
    A. いいえ、できません。すでにそのターンで自身の能力によってスタンドしているため、コストを支払えないからです。
  • Q429 (2013-04-26)
    Q. 「魔竜戦鬼 ガンダルバ」がこのカードにライドしました。このユニットはスタンドフェイズにスタンドしていますが、そのバトルの終了時に、能力で「魔竜戦鬼 ガンダルバ」をスタンドすることはできますか?
    A. はい、できます。ライドした「魔竜戦鬼 ガンダルバ」は、スタンドフェイズにスタンドした「ドーントレスドライブ・ドラゴン」とは別のユニットです。「魔竜戦鬼 ガンダルバ」はこのターンまだスタンドはしていないため、「ドーントレスドライブ・ドラゴン」の【リミットブレイク】の能力で得た自動能力の効果でスタンドすることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック封竜解放BT11/005 RRR イラスト/スズキゴロウ絶望を乗り越えよ! さすれば、竜の力を授けよう!
BT11/S05 SP イラスト/スズキゴロウ不撓、不屈、そして不滅! いざ、ドーントレスドライブ!