【カイザー】 節を編集

概要 節を編集

 「カイザー」のカードとサポートを中心とした【なるかみ】

 単体でも十分な力を発揮する「カイザー」のカードを中心に、ブースト無しでも最低限機能し得る前列要員の高パワーで場を制圧する。

 《征天覇竜 ドラゴニック・カイザー・ワーニング》や「ヴァーミリオン」の起動能力はそれ単体で完結しており、周辺カードに対する相性の良し悪しが無い為、デッキの自由度が高く、扱いやすい。

 前述したようにリアガードを高パワーのもので揃えやすい為序盤から攻勢を掛けやすく、戦術の一つとして速攻にも向いていると言えよう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 同時バトルの特性上【むらくも】、特に【シラユキ】【マガツ】との相性が悪い。

 【むらくも】【スパイクブラザーズ】はその特性上、3回バトルした上で前列が空いていることが多々あり、強みが活かしにくい。
 またリミットブレイクが有効になったならば《夢幻の風花 シラユキ》能力パワーー20000を与えられてしまい、リアガードにすらまともにヒットが狙えないパワーにされてしまう。

 これを防ぐことは《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》単体ではパワーの面で不可能に近い。
 双闘状態の《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》を利用したり、Gユニット超越して対応する他ない。
 前列を空けてくるようであれば、《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》で逆に攻め入ることもできるので、相手デッキに合わせて早めに布石として《雷龍騎士 ゾラス》超越しておくと良い。

 同じような理由で展開力の高い【ロイヤルパラディン】【シャドウパラディン】【ゴールドパラディン】【ネオネクタール】等や、手札の数でリカバリーしやすい【オラクルシンクタンク】とも相性はあまりよろしくない。

 また、《ドラゴニック・カイザー・クリムゾン》が主軸の場合は他のグレード3にライドすることは避けておきたいが、スペリオルライドする方法や確実に手札に加える方法はないので安定性もそこまで高くはない。

関連リンク 節を編集