【オーバーロード】 節を編集

概要 節を編集

 「オーバーロード」のカードとサポートを主体とした【かげろう】

 各種「オーバーロード」のカード能力による再スタンド能力により、バトルするという行為そのものでアドバンテージを稼ぐ行為を得意とする。

 純粋な高パワーユニットにより序盤からバトル回数を確保できる為、デッキ全体が非常に高性能にまとめやすく、非常に強力。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 まず一つ挙げられるのが速攻を行える相手と相性が悪い点。

 《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》主体ならカウンターブラスト(2)さえ確保できれば十分であるし、ブレイクライドが最速で行えるようになったとしても、ダメージゾーン手札のどちらの枚数にも余裕がある相手ヴァンガードの再スタンドが対価に見合うかどうか、状況にもよるが微妙なところだろう。

 対策としてはいかに相手に展開力の源となるカウンターブラストコストを与えないように、ガード強要や丁寧なリアガード潰しによって、どれだけ序盤からカード枚数を削って行けるかが鍵となる。

 速攻への対策が非常に重要だが、【かげろう】は元々展開力に乏しく、この軸はそれに輪をかけて展開に時間がかかる。
 よって速攻に対応すること自体が難しく、《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》ライドするまでにダメージゾーンの枚数差を開かれ過ぎ、そのまま追い付けず敗北することが多い。

 また、他の【かげろう】よりカウンターブラストを消費する退却ギミックが採用し辛いのもネック。
 特に《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》コストを確保し続けなければならず、《ベリコウスティドラゴン》《リザードソルジャー グローム》を計算に入れなかった場合、使えるのはカウンターブラスト(3)まで。そのうちファーストヴァンガードで消費すればカウンターブラスト(2)。
 クリティカルトリガー主体の相手ならダメージゾーンが4枚で留まる事も珍しくない。そうなったら使えるのはわずかカウンターブラスト(1)と、採用できるカード能力の使用回数等、非常に限られてくる。

 幸い《ドラゴニック・バーンアウト》《リザードソルジャー ファーゴ》等といったカウンターブラスト使わずに退却が行える専用サポートが存在しているのである程度の対処は可能である。

 プレイングやデッキ構築の難易度は上がるが、後列対策に予め《ワイバーンストライク テージャス》《ヒートネイル・サラマンダー》等を採用しておけば、コスト管理はしやすくなる。

関連リンク 節を編集