【バトルシスター】 節を編集

概要 節を編集

 「バトルシスター」のカードとサポートを主軸とした【オラクルシンクタンク】

 基本的には他の【オラクルシンクタンク】同様、主にドローによる手札増強を主軸としたデッキであるが、それに加えて全体的なパワーの増強も得意としている。

構築について 節を編集

―「バトルシスター」のGユニット

―「バトルシスター」以外のGユニット

―「バトルシスター」のグレード3

―「バトルシスター」のグレード2

―「バトルシスター」のグレード1

―「バトルシスター」のグレード0

―「バトルシスター」のトリガーユニット

―「バトルシスター」以外のトリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 基本的な戦術は【オラクルシンクタンク】とさほど変わらず、むしろ《サイレント・トム》が利用しにくい為、相手手札ガード運用にそこまで神経を使わなくてもよくなっている。

 主なヴァンガード候補となる「バトルシスター」のカードは自身の能力で最低でも単体パワー14000以上となることができる為、中央列後列パワー7000のグレード1のリアガードを配置することでパワー21000ラインの構築が可能である。

 しかし、《エキサイトバトルシスター しゅとれん》《エキサイトバトルシスター みろわーる》等を用いなければ中央列以外でパワー21000ラインを形成することが困難であるため、序盤でバトル回数を稼げないと他の【オラクルシンクタンク】デッキ以上に厳しい戦いを強いられることになる。

関連リンク 節を編集