《ヒートネイル・サラマンダー/Heatnail Salamander》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - サラマンダー パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットが《かげろう》を【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、相手のグレード1のリアガードを1枚選び、退却させてよい。退却させたら、そのターンのエンドフェイズ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

 虚影神蝕で収録されたグレード1のかげろう

 同じく相手グレード1のリアガード退却させる能力を持った《魔竜導師 キンナラ》と比較して確実性こそ無いが、バトルに参加ができ、コストがかからないため、自身のダメージゾーンの状況に左右されない利点は大きい。
 2ターン目以降から誘発が可能であり、使用後は山札に戻るため使いまわすのも容易である。

 パワーの高いヴァンガードブーストすれば、比較的ヒットさせやすい。
 相手リアガードサークル相手にとってどうしても退却させたくないグレード1のリアガードがいるなら、相手に高いプレッシャーを与えられる。
 退却させるかどうかは任意であるので、ブースト要員を残したい場合は、あえて退却させないという選択もできる。
 ただ、相手ダメージゾーンが蓄積した後は誘発を狙いにくくなるため、中盤以降は退却手段としてはあまり期待はしにくい。

 《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”》《ブラストバルク・ドラゴン》等、強力なガード強要力が行えるヴァンガードと別の縦列にコールするのであれば、敢えてリアガードブーストするのも手だろう。

 《チェーンブラスト・ドラゴン》ブーストしたバトル中にアタックヴァンガードヒットすれば、山札に戻る時限誘発を受けていてるこのカードをあちらの退却コストにすれば、無駄が無い。

 一応、山札に戻るのはエンドフェイズであるため、実現は難しいもののスタンドトリガー等のスタンド手段と組み合わせて同じ縦列の前列かげろうとこのカードの2枚をスタンドすることができれば誘発を狙える機会が増え、1:2交換以上を狙うこともできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

熱せられた溶岩に憑依した中位のサラマンダー。
炎に耐性の無い生物では倒すことはおろか、近づくことすら容易ではない。
溶かした岩・金属などを取り込むことで、より強く大きく肉体を強化することができる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック虚影神蝕BT04/007 RRR イラスト/山崎太郎かげろうは、消し炭すら残さない。