《デュアルアクス・アークドラゴン/Dual Axe Archdragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】:このユニットがアタックした時、相手のリアガードが2枚以下なら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 魔侯襲来で収録されたグレード3のかげろう

 ノーコストパワー13000のアタックを行うことができるが、ヴァンガードとしては低いパワーとなるので、リアガードとしての運用が求められ、相手の盤面に依存した少々難しい条件を要求する。
 リアガードサークルを全て埋められてしまうと、条件を満たすためには3枚を退却させなければいけない。
 前列はアタックでも退却させられるので、少なくとも後列は《炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン》等の能力で複数枚のリアガード退却させることが基本になるが、能力による退却を主軸にすると《ブレイジングフレア・ドラゴン》等がより容易にパワー13000に達せてしまう。

 このカードを活かすなら、極力攻勢に出て消耗戦に持ち込み、相手リアガードが少ない状態を保たせるのが望ましいだろう。ただ、6ターン目以降であれば、上昇するパワーが高い《ドラゴンナイト バスイット》に見劣りする事が多くなってしまう。こちらは自分のリアガードが減ってもいいので、1:1交換の退却はこちらの方が活かしやすい点や5ターン目以前に使用できる点で差別化を図りたい。

  • アニメでは第30話(VS矢作キョウ)で櫂トシキが使用。コールされ、最後の一撃となるアタックでは能力も発動させたが、最終パワーの関係で特に意味はなかった。第36話(VS六月ジュン)でもヴァンガードとして登場したが、特に目立った活躍もなく勝負が終わった。第40話(VSビーカー鈴木)では《ボーテックス・ドラゴン》能力によって条件を満たし、相手がこのカード能力を見落としていたことによってフィニッシャーとなった。(とはいえ合計パワーを伝えなかった櫂も少なからず責任はあるが。)
    • アタック時の台詞は「双斧に刻まれし恐怖、絶望…永久(とこしえ)の苦痛に悶えて眠れ! デュアルアクスボンバー!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

第一線部隊である“かげろう”所属の強戦士であり、生粋の戦好き。
間違いなく強者の部類に入る腕を持つが、戦闘を楽しむ気質を持っており、相手の強さに合わせてあえて全力で戦わない場合が多い。
巨大双斧による剛刃「デュアルアクス・ボンバー」は、砕いた大地をも武器として無数の敵を撃ち落とす。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック魔侯襲来BT03/019 RR イラスト/前河悠一デュアルアクス・ボンバー! 爆ぜるがいい!
BT03/S11 SP イラスト/前河悠一デュアルアクス・ボンバー! 木端微塵にしてくれる!