トライスリー 節を編集

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」に登場するチーム。

概要 節を編集

 葛木カムイの提案によりカードキャピタル2号店の常連メンバー3人で結成されたチーム。

 ヴァンガード全国大会が団体戦だと知り、同じく様々な事情でチームを組めていなかったシオンとトコハと共にカムイが勝手にチームとしてエントリーした事で結成した。
 とはいえ最初は息もあわなかったが、カムイに散々なことを言われ、結果正式にチームを組むことになった。
 ポイント剥奪等の様々な困難を乗り越えてクロノのファイターズグレードが「グレード3」になったため、「挑戦する3人」の意味も込めて、クロノが命名した(それまでは「名前はまだない」を使用していた)。

 最初こそチームワークの無さから格下に見ていたトリニティ・ドラゴン戦で敗北する最悪の結果に終わった。
 しかし、この時点で「お互いに取り繕うことなく対等に接する事ができる間柄」ではあった。
 バラバラながらも少しずつ成長し、団結していくその姿と名前の語感はあるチームを連想させる。

 ファイターズグレードが2で地区大会出場の資格を満たしていなかったクロノを鍛える為に、シオンがスケジュールを作成し、トコハが付きっきりでカードの情報を覚えさせる等、奮闘するも最後のポイントを求めて参加したユナイテッドサンクチュアリ支部のミニ大会にて「チーム・トリックトリック」の不正行為を見過ごせなかったクロノの些細な暴力行為が原因でクロノのポイントは剥奪される。

 また、メンバーの3人はGクエストで合計50ポイント以上を獲得したため、「ジェネレーションマスター」の称号と「クランリーダー試験への挑戦権」が与えられている。
「カードファイトヴァンガードG NEXT」では新導クロノのチームメイトである2人がパリの留学、福原高校ヴァンガード部に行ってしまったが、クロノは鬼丸カズミが初代U20チャンピオンだと知り、ストライダーズを結成。ライバルとの幾多の戦いで、ライバルである綺場シオン安城トコハを倒す。
「カードファイト!!ヴァンガードG Z」では《破壊の竜神 ギーゼ》/レリクスを倒すべく、再結集。ディメンショナル・オーバー・ストライドにより世界は救われた。

メンバー 節を編集

関連リンク 節を編集