《スクエアワン・ドラゴン/Square-one Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)/(R)】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(4),【ソウルブラスト】(6)] 相手は自分のリアガードすべてを山札に戻し、山札をシャッフルする。
【自】【(V)/(R)】【Gブレイク】(1):あなたのターンの終了時、【ソウルチャージ】(1)してよい。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのグレード-3。

 勇輝剣爛で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、カウンターブラスト(4)とソウルブラスト(6)で相手はのリアガードすべてを山札に戻す起動能力

 メガブラスト等に比べればコストは多少軽めだが、同様の事を行うのであれば《時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション》等で事足りることが殆どであり、積極的に狙うのであれば極力《スノーエレメンタル ヒャッコ》能力も併用したい。

 2つ目の能力誘発タイミングは優秀で、ヴァンガードサークル上でならハーツ状態でなくなったときに使用でき、リアガードサークル上でもソウルを補充でき、3つ目の能力を利用すればタイムリープ時限誘発スペリオルコールしてからでも使用できる。

 自らのグレード0にする自動能力は非常に優秀で、元々のグレードでは対象にしても有効活用しにくい《時空竜 フェイトライダー・ドラゴン》能力効果タイムリープの対象にすることができる。
 特に《ヒストリーメーカー・ドラゴン》等と併用して疑似スタンドを狙う際、このカードタイムリープさせて《スチームメイデン メラム》《スチームファイター ウル・ザバ》スペリオルコールすることでパワー11000の疑似スタンドに繋げることができる。

 タイムリープ時限誘発スペリオルコールした場合、タイムリープさせる対象としてほとんど役にたたない状態でリアガードサークルを圧迫することになるが、その状態でも2つ目の能力ソウルを増やす働きはできる。
 邪魔になる場合でも、《烈火進撃の時空巨神》《ハイブロースチーム ラファンナ》能力コスト効果を利用すれば手軽に処理できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2156 (2016-05-26)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2248 (2016-05-26)
    Q. カードの効果でグレードが変更された場合、インターセプトやブーストなどの能力はどうなりますか?
    A. そのままです。例えば、グレード1のカードが2になったとしても、それだけでブーストを失ってインターセプトを得たりすることはありません。
  • Q2249 (2016-05-26)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2277 (2016-05-26)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック勇輝剣爛G-BT07/095 C イラスト/前河悠一一からやり直すのに、遅過ぎるということはない。