【アルトマイル】 節を編集

概要 節を編集

 「アルトマイル」のサポートを利用する【ロイヤルパラディン】

 大まかな特徴としては「アルトマイル」やその関連カードGユニットの本格導入とほぼ同時期に追加されたことから、基本的にジェネレーションブレイク主体のデッキであり、火力自体は申し分ないものの最序盤の行動がやや不得意であること、グレード2のカードスペリオルコール手段に富んでいること、後に追加されたキーワード能力勇敢」と高い親和性を持つ等が挙げられる。

 基本的な特性としては他の【ロイヤルパラディン】と大きく変わらないものの、特に前衛の火力補助の手段が豊富である事から、適当な低パワーユニットを単体で並べてもそれだけで十分な戦力となりうる為、攻勢の作りやすさとしては特筆すべきものがある。

 一方でアドバンテージの獲得量やコスト効率自体は並であり、【アルフレッド】のような妨害に対する耐性や、【サンクチュアリガード】のような圧倒的な速度も持たない為、攻めの姿勢自体は作りやすいものの、動きが止まりやすく、総合的な殺傷性はそれほど高くない。

 総じて、このゲームの基本かつ単純な戦い方が自然と行い易い、初心者向けの素直なデッキと言えるだろう。

 後発の「アルトマイル」のカードに関連した能力を持つカード勇敢能力を持つものが多く、前述のように勇敢能力と高い親和性を持つ。

 複合する事で扱い辛くなるものの、全体的な火力やコスト効率の向上が図れるものが多く、構築やプレイング次第ではあるが環境一線級のポテンシャルを持つデッキに仕上げる事も可能である為、【勇敢】も参考にすると良いだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

トリガーユニットについて 節を編集

 各種「アルトマイル」のカード能力前列ユニットパワーを増やせるので,スタンドトリガーとの相性は良い。
 クリティカルトリガーも序盤から積極的に相手ヴァンガードダメージを与えにいったり、ガード要の点で有効である。
 構築によっては後列要員のスペリオルコールがしにくいこともあるため,それらを引き込むためにドロートリガーを選択するのも良い。

このデッキの弱点 節を編集

 「アルトマイル」のサポートカードはジェネレーションブレイク能力持ちのカードが大半なので、それだけでは動きだしが遅いのが難点である。
 しかし、《スターライト・ヴァイオリニスト》《救国の賢者 ベノン》等を採用することで補うことが可能である。
 また、【メガコロニー】に属する《威圧怪人 ダークフェイス》相手ユニットリアガードサークル登場した時の能力【リンクジョーカー】呪縛をされると《ナイト・オブ・ツインソード》《反攻の騎士 スレイマン》能力をまともに使えなくなってしまうので苦手としている。

関連リンク 節を編集