【ダークフェイス】 節を編集

概要 節を編集

 《威圧怪人 ダークフェイス》による相手リアガードにデメリットとなる自動能力を付与した上にスタンド封じを行い、相手コールしたリアガードを強制的にレストすることを得意とする相手への妨害に特化した【メガコロニー】

 その特性上、大量に相手リアガードスタンドを封じ、レストできるので暗躍能力も有効化も狙いやすい。
カウンターブラストを使用するカードが多くコスト競合は避けられないため、リソース管理が非常に重要なデッキでもある。

構築について 節を編集

-キーカード

―超越スキル

―Gガーディアン

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

他のデッキとの比較 節を編集

 リアガードスタンドを封じられる量や質は【メガコロニー】全体で見てもトップクラス。

 リアガードサークル自体を利用できなくする【リンクジョーカー】と比較すると相手リアガードの利用できる可能性があるだけ、まだ生易しいとも言えるが、こちらには《無法怪神 オブティランドス》リアガードを残さない戦術への対策が採りやすい他、妨害できないリアガードの強制レストが存在しているので、特に見劣りする様な部分は無いだろう。

このデッキの弱点 節を編集

 まず、相手リアガードを選べない状況を苦手とする。
 相手リアガードスタンドを封じたり、相手に不利益な自動能力を付与したりするには、基本的に相手リアガードを選ばなければならない。
 特に厄介なのは抵抗で、相手リアガード抵抗持ちで固められると選べなくなってしまう。
 他にも【グランブルー】【たちかぜ】の様に選べるリアガードを残さない戦術を得意とするデッキも苦手だが、こちらは《無法怪神 オブティランドス》で十分に対応できる。

 次にカウンターブラストの競合が目立つ。
 主軸となる《威圧怪人 ダークフェイス》ストライドスキルコスト効率には優れているが、それを前提とするGユニットコストカウンターブラストを必要としている場合が多いので、ダメージゾーンの表のカードが枯渇しやすい。
 特に《無法怪神 オブティランドス》《威圧怪人 ダークフェイス》を組み合わせて使う場合、合計でカウンターブラスト(3)必要であり、中々思った動きをしづらい状況も予想される。
長期戦になりコストが枯渇すると大幅に動きが鈍くなるため、《バルカン・ラフェルト》《メイクアップ・ウィドー》等のカウンターチャージ手段を極力併用したいところである。
また、コストの枯渇を防ぐ意味でも、極めて強力なフィニッシャーである《封殺怪神 タイランティス》の使用を最初から視野に入れたプレイングを行うことも重要となる。

 また、ドロー手段の多くは相手の判断に依存しており、相手が不利益となる自動能力を付与されたリアガードを処理しないことを前提に手札を使いすぎると思わぬ誤算が起きやすい。
 確実なドローを行いたい場合は、妨害力は多少落ちるが《毒槍怪神 パラスピアー》を躊躇わずに利用する様に心掛けたい。

関連リンク 節を編集