魅了怪人(みりょうかいじん) スイートカクテル/Charming Mutant, Sweet Cocktail》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
メガコロニー - インセクト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットが【ブースト】されているなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、【レスト】し、次の相手のターンの終了時まで、【自】(R)】:あなたのターンの終了時、このユニットが【レスト】しているなら、相手は1枚引いてよい。』を与え、そのターン中、そのユニットは【インターセプト】できず、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 討神魂撃で収録されたグレード2のメガコロニー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックした時にブーストされているならカウンターブラスト(1)で相手リアガード1枚をレストし、『ターンの終了時に自身がレストしているなら相手は1枚ドローできる自動能力』を与え、インターセプトを封じ、次の相手スタンドフェイズ中、スタンドできなくさせる自動能力

 《威圧怪人 ダークフェイス》Gユニット超越した時の能力と似たような性質を持つ能力だが、このカードの場合は効果対象が1枚のみとはいえ、インターセプトまで封じることができる。
 そのため、グレード2等の相手インターセプトが可能なリアガードでも対象にしやすく、そうすることで相手の使えるシールドを減らすことができる。

 相手は、能力を与えたリアガードに対してユニットの重複処理を行うのであれば事実上の退却となるので、何らかのコスト効果の対象にして有効に処理されない限りはアドバンテージに繋がる能力といえる。

 上記の通り非常に優秀ではあるが、【メガコロニー】ヴァンガード候補のグレード3以上のカードは何かとカウンターブラストを使う傾向にあり、コスト競合を起こしやすいので注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

犯罪結社“メガコロニー”に所属する雌型の怪人。嗅いだ者を酩酊状態にするフェロモンを放出しており、1度吸ってしまうと四半刻は意識が混濁した状態になり、記憶障害など脳にさまざまな悪影響を与えるという。恐ろしい能力だが、「常に」フェロモンを放出しているため、割と味方も被害に会う。この問題さえ解消できれば理想の怪人なのだが…。

  • 「カクテル(Cocktail)」とは、「ベース(基酒)」となる酒に、他の酒またはジュースなどを混ぜて作るアルコール飲料の事である。

FAQ 節を編集

  • Q1493 (2015-08-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1508 (2015-08-27)
    Q. 何らかのカード効果で【スタンド】することはできますか?
    A. はい、できます。
  • Q1510 (2015-08-27)
    Q. この能力で与えた能力で、カードを引くのは誰で、いつ引くのですか?
    A. 相手のユニットに能力を与え、そのユニットから見た「あなたのターンの終了時」であり「相手」なので、カードを引くのはあなたで、タイミングは相手のターンの終了時です。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/040 R イラスト/増田幹生貴方、甘いお酒はお好き?