少年幹部(しょうねんかんぶ) クライムバグ/Young Executive, Crimebug》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
メガコロニー - インセクト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[このユニットをソウルに置く] 相手のリアガードを1枚選び、【レスト】し、そのターン中、そのユニットは【インターセプト】できず、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 討神魂撃で収録されたグレード0のメガコロニー

 ジェネレーションブレイク(1)は、自身のソウルインで、相手リアガード1枚をレストし、インターセプトと次のスタンドフェイズ中のスタンドを封じる起動能力

 使えるタイミングは遅いが、相手リアガード1枚のスタンド妨害を起動能力で行うことができる。
 スタンド状態であったり、インターセプトが行えるリアガードも対象にしても無駄なく効果を発揮できる。

 インターセプト封じとスタンド封じを同時に行うことで、確実に相手シールド値を削れる。
 次のターンではバトル回数の減少又はパワーの低下、もしくはそのユニットいるリアガードサークルへのコール等期待できる。
 退却コスト等にされない限りは1:1交換が期待できる優秀な能力といえる。

 【シャドウパラディン】【青き炎】【銃士】等に対して使用するのであれば、なるべく《威圧怪人 ダークフェイス》《魅了怪人 スイートカクテル》等、他の相手リアガードスタンドを封じる能力と合わせて使用するのが望ましい。
 レスト状態のリアガードを有効に利用できるそれらのデッキであっても、流石にリアガードを3~4枚スタンドを封じられれば、全てを有効に利用することは難しいからである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

犯罪結社“メガコロニー”に所属する、幹部構成員。
幼いながら驚異的な知能指数を誇り、あらゆる手練手管で組織幹部に上り詰めた天才である。
平時は地下に構えられた秘密基地の中から部下の怪人達に指示を出し、武器の密売を行っている。
彼が戦いの前線に立つことはめったにないが、時に自ら出撃することがある。

「いいか、相手が正義の味方なら、オレを呼べ」

少年と対峙した“正義”が全力で戦えないことを、彼は知っている。
ちょっと怯えた振りをすれば、奴らは勝手に自滅していくのだ。
卑怯もタブーも関係ない。持っている武器は全て使う――それが、悪の美学。

  • 「クライム(Crime)」とは「犯罪」という意味。

FAQ 節を編集

  • Q1508 (2015-08-27)
    Q. 何らかのカード効果で【スタンド】することはできますか?
    A. はい、できます。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/094 C イラスト/ヤマモトヒロユキ幼さは長所だ。正義の味方が敵だから。