《ロングホーン・ハンター/Longhorn Hunter》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、【レスト】し、そのターン中、そのユニットは【インターセプト】できず、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 討神魂撃で収録されたグレード3のメガコロニー

 ジェネレーションブレイク(1)は、登場した時にカウンターブラスト(1)で相手リアガード1枚をレストし、そのユニットインターセプトと次のスタンドフェイズ中のスタンドを封じる自動能力

 同じ誘発条件で共通する効果を含む能力を持つ《ヘル・スパイダー》と比べるとコストが軽い。
 対象ユニットレストインターセプト封殺等の効果によって対応力は増している。

 一方でジェネレーションブレイクの制限があるため、5〜6ターン目でこのカードライドしても能力を使用できない。
 再ライドするほどの能力でないことから、基本的にはリアガードサークルコールして誘発を狙っていくことになる。
 5~6ターン目でライドした時にも誘発が狙え、左列や右列のリアガードサークルコールすれば2枚分のスタンド封じが行える《斬空裂将 スペリオルマンティス》もいるが、暗躍の制限がないことやスタンド状態のリアガードへの対処やインターセプト封じが行える点で差別化はできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • モチーフとなったのは「カミキリムシ(Longhorn beetle)」だろう。成虫の触角は長く、英名の「Longhorn beetle(長い角の甲虫)」もここに由来する。またこの角を牛の角に見立て、「天牛」と表記されることもある。また、害虫の一つとしても知られており、ゴマダラカミキリならミカン、ヤナギ、クリ、イチジクなどのように、種類によって様々な樹木を食い荒らし、材木商品としての価値をなくしてしまう。

FAQ 節を編集

  • Q1508 (2015-08-27)
    Q. 何らかのカード効果で【スタンド】することはできますか?
    A. はい、できます。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/087 C イラスト/中村エイトだるまさんガ、ころんダぁっ!