《ヘル・スパイダー/Hell Spider》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのターン中、相手の、ヴァンガードとリアガードがすべて【レスト】しているなら、このユニットのパワー+3000。
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 騎士王降臨で収録されたグレード3のメガコロニー

 基本的にヴァンガードリアガードは全てアタックまたはブーストしてレスト状態となるなので、永続能力要件は自動的に満たされる。
 相手パワーの増加を嫌がってスタンド状態のユニットを残した場合、それは間接的に相手の行動を封じたことになるので、こちらがアドバンテージを失うことは少ない。

 特有の弱点として、後列レストする必要がない《騎士王 アルフレッド》等の他、コストリアガード呪縛を行う《抹消者 ボーイングセイバー・ドラゴン “Я”》エンドフェイズ中にスペリオルコールを行うことでスタンド状態のリアガードを残せる《学園の狩人 レオパルド》など、ディスアドバンテージなしにスタンド状態のリアガードを残せてしまうカードとは非常に相性が悪い。
 その場合はそのスタンドしているリアガード《幼年司令 ローゼンベルク》等でレストすることで満たすことはできる。
 また、永続能力なので、相手ダメージチェックスタンドトリガーを発動してしまうとパワーが戻ってしまうので、リアガードからアタックする場合は注意が必要。

 そして、第2の能力として登場した時に相手リアガードスタンドを封じる自動能力を持つ。
 コスト効率がやや重いので、必要な時に使う程度にしておきたい。

 《斬空裂将 スペリオルマンティス》暗躍の制限付きではあるが、ジェネレーションブレイク(1)が有効であれば同等の効果コストなしで利用でき、同じ縦列にいる相手リアガードに限れば5ターン目からでもカウンターブラスト(1)で対応できるので、そちらに見劣りしやすい。
 暗躍ジェネレーションブレイク(1)の制限がない利点を活かして差別化したい。

  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では、岸田オサムがこのカードを中心にしたデッキを使用する事がある。
    • ライド時の台詞は「これで僕の計算は完璧です…」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • このカードがこのゲームで初めてのメガコロニーであり、かつ蜘蛛型なのでモチーフは特撮番組「仮面ライダー」で初めて登場した怪人「蜘蛛男」であると思われる。以降シリーズ化していく「仮面ライダー」作品の中でもこの怪人はリスペクトされており、同シリーズの多くの作品で第1話で登場するのは蜘蛛型の怪人となっている。

FAQ 節を編集

  • Q77 (2012-01-14)
    Q. 『登場した時』に発動する能力は、登場した時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック騎士王降臨BT01/039 R イラスト/山崎太郎地底より出でよ、邪悪の化身! ヘル・スパイダー!