【メガコロニー】 節を編集

概要 節を編集

 スタンド封じというトリッキーな能力によって相手の動きを制限しながら戦うデッキ
 ブースターパック虚影神蝕」より、クラン統一でデッキ構築可能となっている。

 本ゲームにおいてノーリスクかつノーコストで相手ディスアドバンテージを与える行為であるアタックを制限できる特性が持ち味。
 特に相手ヴァンガードスタンド封じに成功した際に獲得できるアドバンテージ相手に与えるディスアドバンテージは計り知れないものがある。

 基本的には相手アタックの質や量を抑える一方で、こちらはきっちりと高パワーヒット能力持ちの前列を揃えて、アドバンテージ差を広げていく戦い方をイメージをすると良いだろう。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 妨害にリソースを消費、自身のアドバンテージを稼ぐのではなく、相対的にアドバンテージという特性から、妨害を抜ける手段を持つ相手に不利。
 例えば、スタンドを封じる能力スタンドトリガー主体のデッキに弱い点には注意。
 特にスタンドを封じた後に相手ダメージチェックスタンドトリガーが出て、その封じたリアガードスタンドしてしまうと、実質的な能力の不発となるので目も当てられない。

 またスタンドを封じたリアガード効果コストで処理してしまえるタイプのデッキにも弱い。
 効果コストで味方のリアガード呪縛する手段を有し、ターン終了を開始する際の処理で、スタンド状態で解呪することが可能な【リンクジョーカー】等のデッキレスト状態のリアガードでも効果コストで処理してしまえる【シャドウパラディン】【ペイルムーン】【グランブルー】《ガラスの靴の伝説 アモーリス》等でリアガード手札に戻せる【バミューダ△】など、苦手なデッキは多い。
 効果コストで消費してしまいたくない強力なリアガードを狙う、まだ手札シールド値に余裕がある内に相手能力の発動を誘導して攻撃を誘う等、相手の心理を突く、タイミングを奪う等のプレイングで補いたい。

 リアガードへの干渉が主という点からヴァンガード単騎で強力な攻撃が行えるクラン特性を持つ【ダークイレギュラーズ】【ディメンジョンポリス】等も苦手となっている。

 また、根本的な問題として、収録回数が少なく地盤が脆い。
 特にグレード1のカードに強力なカードが少なく、デッキパワー自体が低めなものにならざるを得ない。
 こちらの妨害で負うディスアドバンテージ以上にアドバンテージを稼ぐ事ができる相手が多いという、実も蓋も無い弱点を抱える羽目になっている。

関連リンク 節を編集