《マシニング・ウォーシックル/Machining Warsickle》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2)] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、相手のヴァンガードを1枚選び、そのユニットは、次のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。
【自】:[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「マシニング」を含むカード] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルからカード名に「マシニング」を含むカードを1枚選び、(R)に【レスト】でコールする。

 ファイターズコレクション2014で収録されたグレード3のメガコロニー

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時にそのバトル中、ヒットしていなかったらカウンターブラスト(2)で相手ヴァンガード1枚は、次のスタンドフェイズ中、スタンドできなくなる自動能力

 アタックヒットすると要件が満たせないので、能動的に使用できないが、終盤のダメージゾーンを4枚以上に追い詰めた局面であれば自然に要件が満たされる。
 相手ダメージゾーンが少ない状況であれば、無理に狙わず、適当なGユニットノーマル超越する等して相手を追い詰めていきたい。
 ブーストを置かないようなシールド5000〜10000程度の1枚で十分防げるような要求シールド値でもヒットさせられる可能性もあるので、敢えてブーストをつけないという戦術も十分選択肢に入るだろう。

 ただし、基本的に《甲殻怪神 マシニング・デストロイヤー》能力が利用できる場合はあちらの方が確実かつコストも軽い部分が難点である。
 それでも様々な事情でそちらを利用できない状況もあり得るので使い分けていくことは難しくないだろう。

 もう1つの自動能力は、《マシニング・スターグビートル》能力に似ているが、エスペシャルカウンターブラストを要し、1枚のみをただスペリオルコールするのみの効果なので全体的に小規模しているが、単体の能力として十分にコストには見合っている。
 《甲殻怪神 マシニング・デストロイヤー》要件で要求するリアガードを揃える分には十分な活躍が見込めるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • カード名の「シックル(sickle)」とはしゃがんだり中腰で草刈りや収穫などで用いる小型の鎌という意味であり、「ウォーシックル(Warsickle)」だとすると「戦闘用の小型の鎌」という意味のネーミング。テキストで隠れていて見ずらいが両手の先が鎌になっていることからもカマキリをモデルとしたマシニング・ソルジャーだと思われる。

FAQ 節を編集

  • Q888 (2014-05-02)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q891 (2014-05-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q914 (2014-05-02)
    Q. このユニットの【リミットブレイク】能力で双闘しているグレード3のヴァンガードを1枚選んで、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できなくさせました。次の相手のスタンドフェイズ中に、双闘しているグレード2のヴァンガードは【スタンド】しますか?
    A. いいえ、スタンドしません。双闘しているヴァンガードのうち片方がスタンドできない場合、もう片方のヴァンガードもスタンドできなくなります。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/025 イラスト/パトリシア逃ガサナイ。 やルマデ、動クナ。