【ディメンジョンポリス】

概要

 味方のユニットパワーを増やしたり、または相手ユニットパワー減らすことで、特定の能力要件の達成を狙う攻撃的なデッキ
 ブースターパック虚影神蝕」より、クラン統一でデッキ構築可能となっている。

 リアガード能力ヴァンガードをサポートするものが多く、それらのリアガードを駆使してヴァンガード能力を安定して発動出来るようにしていくのが基本戦術となる。

 《コマンダーローレル》の様にヴァンガードパワーを問わない能力を持つカードも存在するが、いずれにしても強力な能力の発動にはヴァンガードアタックヒットする事が必要となる。

 そのため、如何にヴァンガードアタックでプレッシャーを掛けられるかが重要なクランであると言える。

構築について

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について

派生軸

このデッキの弱点

 ヴァンガードパワーを増やすることが出来なければヴァンガードバニラ同然となってしまう。
 さらに、グレード2のカードパワーが低いカードが多く、グレード3のカードヴァンガードサークル以外では能力が使えないカードがほとんどなので、左列や右列パワーラインが低くなりやすい。

 守護者Gガーディアン等でヴァンガードアタックヒットを最小限の消費で防がれる場合も想定して、《宇宙勇機 グランファイヤー》《宇宙勇機 グランチョッパー》等を利用してリアガードパワーもある程度稼いでおく工夫ができるとよい。

関連リンク