【ズィール】

概要

 「ズィール」を主体とした【ディメンジョンポリス】

 元々は《銀河超獣 ズィール》連携ライドを基軸としたリミットブレイク主体のデッキだったが、後に双闘に対応している。

 特徴としては、他の【ディメンジョンポリス】の大半がヴァンガードへの火力集中一点突破型か少なくとも自身のカードを他のカードによってパワーを上昇させるものが主流であるのに対し、こちらは相手ユニットパワーの弱体化を図り相対的にシールド要求値の上昇を図るという、従来の【ディメンジョンポリス】と相反した性質を持った異色のデッキとなっている点が挙げられる。
 これはこのテーマデッキに採用されやすいカードが、ディメンジョンポリスでは主流である正義の味方やヒーロー然としたカードではなく、その敵対存在であるとされる怪獣をモチーフとしたカードが多く、その背景設定がこのテーマデッキのデザインに反映された形になっており、そういったイラスト等の背景面でも【ディメンジョンポリス】としては一風変わった特徴となっている。

 攻撃性能としては、中央列だけでなく左列右列も含めた戦線全体のシールド要求値の底上げが可能となっており、【ディメンジョンポリス】らしからぬ堅実な攻撃が得意となっている。
 また、グレード3以外の関連カード相手ユニットパワーを減らすカード、もしくはパワーが減少している事を前提としたカードのほとんどがキーワード能力等によるタイミングの制限がほとんど無い為テンポ面でも非常に優れており、アタックヒットした時を誘発条件とする能力も扱いやすい為、序盤においては非常に強い立ち回りが可能となっている。
 難点としては、カードアドバンテージ獲得性能がそれほど高くないのにも関わらず、リアガードの枚数を揃えることを前提とした能力が多く、そういった点では不安要素があるのは否めない。

 防御性能に関しては前述したようにカードアドバンテージを稼ぐ行為がやや不得意である為手札に十分なシールド値を確保できるか不安要素があるものの、一方で相手ターン相手ユニットパワーを減らすカードも自然に搭載可能であり、コストさえ確保できれば十分な防御力を持つ事も可能である。

 総じて防御面にやや癖があるものの、攻撃性能に関しては十分と言えるものを持つデッキとなっている。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 連携ライド能力が展開を補助するものでなく、【ディメンジョンポリス】自体もアドバンテージ獲得に長けないにも関わらず、リアガードの展開ありきで力を発揮する能力が主軸となるのは大きな不安要素。

 《新世紀超獣 ズィール》《銀河超獣 ズィール》パワー低下能力リアガードの枚数を参照するだけでなく、バトル回数が少ないとパワー減少の恩恵を受ける回数が減ってしまうためである。

関連リンク