創世英雄(オリジナルセイバー) ゼロ/Original Saver, Zero》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):《ディメンジョンポリス》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000し、相手のヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー-5000。
【自】【(V)】:このユニットが《ディメンジョンポリス》に【ブースト】された時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 絶禍繚乱で収録されたグレード3のディメンジョンポリス

 ヴァンガード1枚にパワー+10000を与え、相手ヴァンガード1枚にパワー-5000を与えるブレイクライドを持つ。

 相手ヴァンガードパワーの減少は手数を増やすほど相手シールドを削りやすいという利点があり、それに加えて「バトル相手パワーが8000以下なら」を要件に持つカードの補助が可能となる。

 《超次元ロボ ダイカイザー》と比べて堅実な働きをする点に加え、これらの長所を活かせるデッキで扱うことになるだろう。

 コンボを考慮せず単純に考えると、全ての前列ユニットに対ヴァンガード限定でパワー+5000を与えるのとほぼ同義であり、ブレイクライドの中では《孤高の解放者 ガンスロッド》《神託の女王 ヒミコ》に近い性能を持つと言える。
 前者は同じ縦列の2枚にパワーを割り振るといった融通が利く点で優れ、後者は追加の能力を与える点で優れる。
 逆にこのカードは両者に対し、リアガードバトルする場合に対応しないという欠点はあるが、ディメンジョンポリスがこのカードライドした時のフィールドの状態に左右されにくいという利点がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

大陸が一つであった旧時代、惑星クレイに6つの国家が誕生する前――クレイの希望、「英雄」と呼ばれたと記されている旧き時代の戦士。 千四百年前の記述より「創世英雄」と呼称されるようになっている。 文書として記録が残っている最も古き時代、異界の干渉によって大陸を割られ、滅亡を余儀なくされつつあったクレイを守る為、脅威に立ち向かった黒い戦士がいた。 誰もが恐怖に震える中、唯一人勇敢に戦う彼を人々は英雄と称えたが、危機が去ったと見るや否や忽然と姿を消したとされている。 その後も異界から危機が迫る度、黒い戦士が現れたという記述が幾つも発見されているが、彼が何者であり、何故戦い続けるのか、少なくとも現在までの文献には記載されていない。 この星を破壊せしめる者を、英雄は見過ごさない。 彼の前では光も闇も無も、星に仇為すのであれば全て同義なのだ。

FAQ 節を編集

  • Q604 (2013-09-12)
    Q. 相手のヴァンガードのパワーが0やそれ以下になりました。相手のヴァンガードは退却しますか?
    A. いいえ、退却しません。パワーが0以下になっても、そのユニットは退却せず、他のユニットと同じように能力を使ったり、アタックできます。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/006 RRR イラスト/村枝賢一光と闇が分かれる前、その世界に最初のヒーローが誕生した。
BT13/S06 SP イラスト/村枝賢一この星を守りたいか? ならば、君に私の命を託そう。