超次元(ちょうじげん)ロボ ダイカイザー/Super Dimensional Robo, Daikaiser》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(1)] 《ディメンジョンポリス》がこのユニットにライドした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000/クリティカル+1し、【自】(V)】:このユニットのドライブチェックでグレード3の《ディメンジョンポリス》がでた時、相手のガーディアンを1枚選び、退却させ、そのユニットの『ヒットされない』を含む効果をすべて無効にする。』を与える。
【自】【(V)】:このユニットが《ディメンジョンポリス》にブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主

 超次元の勇者で収録されたグレード3のディメンジョンポリス

 カウンターブラスト(1)で、ヴァンガード1枚にパワー+10000/クリティカル+1と、『ドライブチェックグレード3のディメンジョンポリスが出た時に相手ガーディアンを1枚退却させ、そのユニットの『ヒットされない』を含む効果すべてを無効にする自動能力』を与える。

 ガーディアン退却ヒットされない効果を後から無効にできるという能力である。
 この能力を与えられたユニットアタックを確実に防ぐためには3枚でヒットされない効果を適用して手札を合計6枚消費するか、最低要求値からさらにシールド20000を上乗せし、ブースト等でパワーを加算してパワー26000ラインとなり、バトル相手パワー11000のユニットであったとすればシールド45000でガードすることになる。
 どちらにせよ、手札に相当な余裕がなければ実現もままならないほどの消費を強いられる。

 あくまで「確実に」防ぐ上での話であり、グレード3のディメンジョンポリスが2枚連続で出る確率の低さを鑑みればヒットされない効果2回かシールド15000の上乗せでも十分な確率でガードし切れると言えるが、それでもなおアタック1回に対する手札消費としてはかなり重い。

 無効化を狙えるヒットされない効果とは異なり、複数枚のガーディアンを並べるスペリオルコールに対してはやや相性が悪いが、スペリオルコールの引きが良すぎなければある程度の手札消費は強いることができるため、必ずしも致命的ではない。

 また、同時にパワー+10000を与えるため、《鋼闘機 シンバスター》《大宇宙勇機 グランギャロップ》等の能力パワーの数値に関する要件を確実に満たすことができる。

 《次元ロボ カイザード》《次元ロボ カイザーグレーダー》を併用すれば、このカード山札から直接スペリオルライドし、ブレイクライドの安定性を高めるといったことも可能。

 強力なのは間違いないがブレイクライドは基本的にグレード3のディメンジョンポリスを2枚消費する上にタイミングが遅くなることもあるため、その時点で山札に残されているグレード3のディメンジョンポリスの枚数次第では与えた能力誘発が厳しくなることも考えられる。
 この場合、ほとんどは公開領域に出ていることになるため、相手にとっても判断を付けやすくなってしまう。ヴァンガードスタンドしない限り、ブレイクライドしたターンの、1回限りの効果だという事も考慮しなければならない。

 グレード3のディメンジョンポリスの不足を補う手段としては1〜2ターン目でグレード2のカードの確保が行える《イニグマン・フロー》《イニグマン・リプル》《イニグマン・ウェーブ》による連携ライドのギミックが存在し、それを活用すればライド事故防止を行いつつ、メインデッキに入れるグレード2のカードを減らして、その分をグレード3のディメンジョンポリスに割くことができる。
 《イニグマン・リプル》能力手札に加えることが可能な《イニグマン・ストーム》能力でもパワークリティカル増加が行えるため単独でパワー21000/クリティカル3となり、こちらともよく噛み合っている。

 【次元ロボ】においては、クリティカルをさらに加算できる《超次元ロボ ゴーイーグル》等の他、ドライブチェックの回数を加算できクロスライドにもなる《究極次元ロボ グレートダイカイザー》といった相性の良いブレイクライド先が揃っている。
 《次元ロボ ゴーユーシャ》《超次元ロボ シャドウカイザー》等のコストは重いがそれらを山札からスペリオルライドする手段もあるためタイムラグなしで使用が狙える。

  • 3DS版「ロック オン ビクトリー」ではこのカードライドする際、アニメ同様佐藤拓也による気合の入った専用のセリフが聞ける。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

星の平和を守る次元の勇者「カイザード」のフィニッシュフォーム。 「トランスディメンジョン」の掛け声と共に現れる巨大装甲車両「カイザーグレーダー」と超次元合体する事によって、より戦闘に特化した形態である「ダイカイザー」となる。 パワーと装甲が格段に強化され、「カイザーブレード」をはじめとする多くの武器を、元いた世界の次元エネルギーと共鳴させる事で別次元から換装する事が可能となっている。 「ダイユーシャ」達と協力して「第一次本部襲撃戦」という難局を乗り越えた彼は、仲間という存在の心強さを痛感し、この時を以て名実ともに“ディメンジョンポリス”へ配属される事となった。 強者である自分だけが戦えば良いと孤独を強いた日々は、もう来ない。 仲間の期待と希望を背負い、その胸に変わらぬ熱き正義の輝きを抱き、真紅の皇帝が今、堂々たる名乗りを上げて大地に降り立つ。

FAQ 節を編集

  • Q560 (2013-08-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q561 (2013-08-08)
    Q. ガーディアンがトリガーチェック中に退却した場合、アタックされたヴァンガードのパワーは下がりますか?
    A. はい、下がります。ヴァンガードのパワーから退却したガーディアンのパワーを引いてください。
  • Q562 (2013-08-08)
    Q. ロイヤルパラディンのヴァンガードがアタックされ、「閃光の盾 イゾルデ」を2枚ガーディアンサークルにコールし、2枚とも自動能力のコストを支払いました。このユニットの能力で付加された能力で、「閃光の盾 イゾルデ」が1枚退却した場合、そのアタックはヒットしますか?
    A. いいえ、ヒットしません。無効化される能力は、退却したユニットの能力だけです。
  • Q563 (2013-08-08)
    Q. ロイヤルパラディンのヴァンガードがアタックされ、「真理の騎士 ゴードン」でインターセプトしました。このユニットの能力で付加された能力で、「真理の騎士 ゴードン」が1枚退却した場合、パワーはいくつ下がりますか?
    A. 10000下がります。「真理の騎士 ゴードン」などの能力は、自身の「シールド」を+5000するためです。
  • Q564 (2013-08-08)
    Q. このユニットが与える能力は「忍獣 ハガクレ」などの効果も無効にできますか?
    A. いいえ、できません。無効化できるのは、テキスト中に「ヒットされない」を含んでいるカードの効果のみです。
  • Q2966 (2017-01-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2999 (2017-01-12)
    Q. 盟主とは何ですか?
    A. このユニットと共通するクランを持たないあなたのユニットがいる場合、アタックできなくなる能力です。例えば、盟主を持つユニットが《かげろう》であった場合、《かげろう》に属さないあなたのユニットがいると盟主を持つユニットはアタックできなくなります。
  • Q3000 (2017-01-12)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ超次元の勇者TD12/001 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)オレが力を貸してやるッ! 無様な姿は見せるなよ!
はじめようセットはじめようセット 超次元の勇者HS08/001 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)当然だ。 この星を守る事こそ、オレの務めだ!
キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/Re:02 Re イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)来い! カイザーブレードッ!