鋼闘機(メタルボーグ) シンバスター/Metalborg, Sin Buster》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「鋼闘機 ウルバスター」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットが【双闘】していて、このユニットのパワーが30000以上なら、そのバトル中、相手はグレード1以上のユニットを手札から(G)にコールできない。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットのパワーが20000以上なら、そのバトル中、このユニットは【自】(V)】:このユニットのアタックがヒットした時、1枚引く。』を得る。

 竜剣双闘で収録されたグレード3のディメンジョンポリス

 シークメイトの指定カードはヴァンガード双闘した時にヴァンガード1枚にパワー自動能力を与える《鋼闘機 ウルバスター》

 双闘状態での能力は、ヴァンガードアタックした時にパワー30000以上なら、相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力

 パワー+19000を得る必要があるが、双闘状態の《鋼闘機 ウルバスター》から確実にパワー+9000を得られるので、それとは別にパワー+10000をブーストや何らかの能力で与えてやれば要件を満たすことができる。
 同様の効果を含む能力を有する《エコー・オブ・ネメシス》《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》と比較すると、より早いタイミングから要件を満たせる。

 特に《マスクドポリス グレンダー》《鋼闘機 ラッセルブリザード》のようにヴァンガード2枚以上にパワーを与えられる能力は、双闘状態の、このカード《鋼闘機 ウルバスター》の両方にパワーを与えることができるので効率的に要件を満たせる。

 要件を満たしている時点で必然的に莫大なパワーになっており、それを守護者なしでガードさせることができるため、要件効果の性質が一致した能力と言える。

 もう1つの自動能力双闘状態での能力誘発条件は同じだが、要件パワー20000以上となっている。
 双闘状態であれば必ず満たせる数値で、双闘状態でなくとも何らかの能力パワーを与えて適当なユニットブーストを行えば双闘せずとも要件を満たすことができる。

 コール制限とヒットした時能力の相性が良く、自身の2つの能力だけでも十分に有効なコンボとなるが、《コマンダーローレル》との組み合わせも非常に強力である。
 ただしこの場合、《マスクドポリス グレンダー》などのアタックした時にパワーを与える能力を使いにくい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

獣の闘志を鋼のボディに宿す別次元の戦士。 兄弟機「ウルバスター」とタッグで行動する。 数体の《鋼闘機》が合体したフォームであり、単体時とは比較にならない性能を発揮する。 必殺の一撃「獣王豪嵐剣」は、悪と共に天を斬り裂き、晴天すら嵐へと変える。
全《鋼闘機》中、もっとも新しい数機複合タイプの戦闘特化機体。《工闘機》時は、「ホイールクレーン」という重機だった。日常形態(ノーマルフォルム)を持たず、合身形態(ユニゾンフォルム)・分離形態(セパレートフォルム)という二つの戦闘形態(バトルフォルム)を持つ異色の機体だが、エネルギー消費量がさほど変わらない為、基本的には戦闘に適した合身形態(ユニゾンフォルム)を維持している。「ウルバスター」とは違い《次元ロボ》にはあまり関心が無く、外敵と戦うという新たな形で国を守れるならそれでも良い、と割り切っている。

  • 車型の形態にならない、複数の獣型のロボットが合体している、武器等、トランスフォーマーシリーズのプレダキングをオマージュしている節がある。当時のトランスフォーマーでは野蛮という理由で武器が剣であったキャラクターは少なかった。

FAQ 節を編集

  • Q936 (2014-05-15)
    Q. 双闘しているこのカードに「鋼闘機 ラッセルブリザード」の能力で+6000し、「鋼闘機 エクスブレーズ」でブーストしてアタックしました。このカードの2番目の能力は誘発しますか?
    A. はい、誘発します。双闘によるパワー増加とブーストによるパワー増加は「アタックした時」の自動能力の解決より前に行われるからです。
  • Q937 (2014-05-15)
    Q. ダメージが4枚の時、双闘しているこのカードを「グローリー・メーカー」でブーストしてアタックしました。このカードの2番目の能力の「このユニットの【パワー】が30000以上なら」という条件は満たしますか?
    A. はい、有効です。「アタックした時」と「ブーストした時」の自動能力は同時に誘発し、好きな順番で解決できます。そのため、「グローリー・メーカー」の能力から先に解決することで、このカードの2番目の能力の解決時にはパワーが30000になっているからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜剣双闘BT16/006 RRR イラスト/たにめそ鋼の身体に獅子の覇気! 鋼闘機(メタルボーグ) シンバスター!
BT16/S07 SP イラスト/たにめそ単機の全力は永遠に続く。両機の全力は全てを砕く。