超鋼闘機(ハイパー・メタルボーグ) ヘヴィデューク/Hyper Metalborg, Heavyduke》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットは、【自】(V)】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたのハーツカード1枚につき、1枚引く。』を得る。さらに、あなたのカード名に「鋼闘機」を含むハーツカードがあるなら、そのバトル中、相手はグレード1以上のカードを手札から(G)にコールできない。

 ファイターズコレクション2015で収録されたディメンジョンポリスGユニット

 ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(2)で、『アタックヒットした時にハーツカード1枚につき1枚ドローする自動能力』を得て、さらに「鋼闘機」のハーツカードがあるなら相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力を持つ。

 カウンターブラスト(2)で1枚のドローを狙える能力と見るとコスト効率が非常に悪いが、双闘したヴァンガード2枚をハーツ化すれば2枚のドローが狙えるようになる。
 「鋼闘機」のハーツカードがあるなら、ガーディアンコール制限も行えるので誘発の確実性が高まり、同時に守護者を封殺する優秀なフィニッシャーとして扱えるようになる。

 ハーツカード1枚のパワーを常に加算し、トリプルドライブ!!!も持つGユニットであるこのカードは、同様の能力を持つ《鋼闘機 シンバスター》以上にこの効果を活かすことができる。
 一方で「鋼闘機」のカードパワー増加能力双闘したヴァンガードと相性が良いものが多く、それらによって追加のパワーを与えにくくなることは留意しておきたい。

 能力を最大効率で運用するために双闘している「鋼闘機」のカード2枚をハーツ化するとなると、基本的に8ターン目以降とやや遅くなる。
 とはいえ、双闘状態の《鋼闘機 シンバスター》でも要件を満たすことでこのカード能力ハーツカード1枚分と同じ効果を発揮できる。
 双闘状態の《鋼闘機 ドライオン》でもクリティカルの増加によるガード強要が可能なので、このカード超越するタイミングが多少遅れてもそれほど気にならない。

 ただ、「鋼闘機」のカード2枚をハーツ化したとしてもそれらの性能を考慮すると、このカード超越したターン中のフィニッシュを狙っている場合が多いと考えられ、逆にドロー能力は活せなくなってしまう可能性がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1264 (2015-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/016 RRR イラスト/イシバシヨウスケ伊達にハイパーじゃねえんだよ。