蒼嵐覇竜(そうらんはりゅう) グローリー・メイルストローム/Blue Storm Supreme Dragon, Glory Maelstrom》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(5):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、相手はグレード1以上のカードを手札から(G)にコールできない。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「蒼嵐竜 メイルストローム」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主

 竜騎激突で収録されたグレード3のアクアフォース

 アルティメットブレイクは、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)でパワー+5000を得て、相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力

 《戦場の歌姫 ドロテア》《デック・スイーパー》を擁し、ヴァンガードパワー重視の能力が多い【メイルストローム】の強大なパワーに対して守護者を含むグレード1以上のカード手札からのコールを封じるというもの。

 《デック・スイーパー》等でブーストすれば効果による上昇値のも加えて合計パワー26000〜28000ラインとなり、これをインターセプトグレード0のカード手札からのコールだけでガードするとなるとかなりの数の手札を削られる。
 守護者に対する対抗策としても非常に強力な効果であり、《蒼嵐竜 メイルストローム》などを想定して守護者を温存する相手に対する奇襲となり、これに《蒼嵐水将 デスピナ》《蒼嵐竜 メイルストローム》(G-CB02/004)を併用すれば相手グレード0のカードコールまでも封殺することができる。

 このコール制限能力を生かすためになるべく中央列のパワーラインは高くしたい。

 コストカウンターブラスト(1)で済み、クロスライド元の《蒼嵐竜 メイルストローム》はそれ以上にコスト消費が少ないため連発することも容易であり、また複数ターンの間、コール制限を行えればヴァンガードへのヒットもほぼ確実に見込めるが、アルティメットブレイクという制限がある点が大きな枷になる。
 この点を補える《歴戦の戦術司令官》《堅実な戦術司令官》は同時に《蒼嵐竜 メイルストローム》(BT08/005)のサポートにも使えるので使いやすい。

 大きな特徴として、ヴァンガードサークルで有効となるアクアフォース能力としては珍しいことにバトル回数を稼ぐギミックを全く必要としない。
 しかし、そのためのカードを採用しないと《蒼嵐竜 メイルストローム》自動能力要件が満たせなくなってしまうので、場合によって先にアタックしてもよい、という程度の扱いになりがちである。
 言い換えれば、ヴァンガード能力要件達成の為に多少の無理をしてでもバトル回数を意識する必要がなくなるということでもあるので、他のアクアフォースヴァンガード候補と比較して柔軟な対応が可能という利点でもある。
 特に【リンクジョーカー】と相対した際、呪縛によってバトル回数が稼げない場合に、能力が自己完結しているこのカードは特筆するに値する利点と言えよう。

 バトル回数稼ぎ要員を用意するためにグレード3の枠を使いたいことも多いため、《蒼嵐竜 メイルストローム》など他のカードをメインとし、このカードは少数採用してあわよくば止めの一撃を狙う、といった形での採用になりやすい。

 もちろん、《蒼嵐竜 メイルストローム》クロスライドすることを狙わず、このカードの運用に特化するだけの魅力も十分にある。
 その場合は、バトル回数に依存せずに高パワーを与えることができる《デック・スイーパー》を採用するといいだろう。

  • エラッタの告知はされていないものの、自動能力のテキスト中の「相手はグレード1以上のユニットを手札から(G)にコールできない。」という記述に含まれる「ユニット」という表記を「カード」とテキストを読み替える裁定が下っている。
    • 手札にある状態では、「ユニット」として扱われていないことで、そのままだと効果が正常に発揮されなくなってしまうためだと思われる。
  • アニメでは第102話(VS櫂トシキ)、第104話(VS先導アイチ)で蒼龍レオンが使用。どちらのファイトでも《蒼嵐竜 メイルストローム》クロスライドしてアルティメットブレイクを発動し、トリガー効果アタックヒットさせた。どちらもダメージゾーンに置かれた6枚目のカードとなったが、第104話ではヒールトリガーによって凌がれてしまった。
    • 第102話では肝心のガーディアンコール制限効果についての説明がなく、第104話での発動時に言及された。
    • クロスライド時の台詞は「風を横糸、海を縦糸に紡いで生まれし竜よ。伝説に応え、あるべき形に! 《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》に、クロスライド!(第104話では「クロスライド! 《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》!」)」
    • アルティメットブレイク発動時の台詞は
      • 第102話では「風の審判を受けよ、グローリー・メイルストロームのアルティメットブレイク!」
        「ディバン・ブローイング!」
      • 第104話では「風の祝福を受けて今、俺は限界を遥かに超越する! アルティメットブレイク!」
        「守りの希望を打ち砕き、強大な力で滅びへ誘え! 受けよ、ディバン・ブローイング!」
  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では蒼龍レオンがこのカードを中心にしたデッキを使用する。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

封印されている海軍元帥の意志より力の一端を授かった事で、驚異的な力を得たメイルストロームの姿。 その超大な力故に古より強力な封印を施されている元帥。 その異常なまでの正義への執着は「力」いう形を取り、現海軍最強と謳われる蒼嵐竜に更なる力を与えた。 だが、与えられたのは力のみでは無かった。 古の覇王の力を得ると同時に、かつて元帥が抱いていた「惑星全土の統一」という野望に満たされてしまったのである。 統一の妨げとなるであろう英雄の復活を阻止する為、覇竜は獅子の前に立ちはだかる。
「我こそは正義! 秩序の創造主! 愚者を裁く全知の守護者也!」

FAQ 節を編集

  • Q349 (2012-12-07)
    Q. このユニットの【リミットブレイク】能力を使った時、相手はインターセプトすることはできますか?
    A. はい、できます。
  • Q369 (2012-12-07)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか??
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q2737 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2797 (2016-11-10)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/002 RRR イラスト/村山竜大これが最後の裁きだ。 ターミナル・メイルストローム!
BT09/S02 SP イラスト/村山竜大かつて世界を支配せし蒼き嵐が、今、再び覇を唱える!
ブースターパック天舞竜神G-BT09/Re:05 Re デザイン:村山竜大 イラスト:NINNIN無駄な足掻きだ。 海の裁きを受け入れよ!