【メイルストローム】 節を編集

概要 節を編集

 「メイルストローム」を中心とした【蒼嵐】

 主軸となる「メイルストローム」はそれぞれ異なった性質を持っており、どういう構築方針にするかはさておき、きちんと自分のプレイングを見据えたものでないと上手く活かしきれないだろう。

 クロスブレイクライドを前提とした運用においての理想としては、《蒼嵐竜 メイルストローム》(ブレイクライド)《蒼嵐旋竜 ディザスター・メイルストローム》相手シールドを削りつつクロスライド手札に確保し、《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》でのフィニッシュを狙う。

構築について 節を編集

「蒼嵐」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「蒼嵐」以外のカード 節を編集

―グレード3

―グレード2

―グレード1

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 【アクアフォース】全般共通の弱点である、退却呪縛、更にはスタンド封じといった妨害系能力が使えるデッキの大半には苦しめられる。
 更に言うならば、クロスブレイクライドを狙う構築にしていてヴァンガードサークル《蒼嵐竜 メイルストローム》(ブレイクライド)《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》がいる際には、バトル回数を稼ぐ起点となっているユニットを狙われると厳しい場合がある。

 また、これも【アクアフォース】全般に言える事だが、クロスライドするとリアガードアタックが軒並み通りにくくなってしまう為、中盤から終盤にかけてのアプローチで骨が折れる事になる。
 バトル回数を稼ぐカードの大半が腐り、アクアフォース特有の4回目以降のバトル要件とした能力による相手に対するアプローチが、平均的に3回分以下のバトルの影響しか期待できなくなるのはつらい。
 一応、アタック先を対リアガードに変更する事で相手の消耗を狙え、そのリアガードがいなければバトル回数差で少なからず優位に立てるので決して不利ということにはならないのだが、やはり決め手に欠ける事になるので、相手を仕留めるのに手間取ることとなる。
 対策として、単独で高パワー出せるカードを多めに採用したり、こちらもクロスライドを行い、こちらもパワー18000ラインを意識するようにしておきたい。

関連リンク 節を編集