蒼嵐候補生(そうらんこうほせい) マリオス/Blue Storm Cadet, Marios》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
アクアフォース - アクアロイド パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:このユニットが【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《アクアフォース》のヴァンガードがいて、そのターンで3回目以降のバトル中なら、あなたの山札の上から5枚見て、カード名に「メイルストローム」を含むカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 無限転生で収録されたグレード0のアクアフォース

 3回目以降のバトルブーストし、ヴァンガードヒットさせなければならず、誘発しても確実に「メイルストローム」を手札に加えられるとは限らないのが難点だが、コストが不要であるのが利点。

 手札に加えることができる「メイルストローム」はいずれもグレード3であり、メインデッキに採用するグレード3を「メイルストローム」で固めたとしても、デッキトップ5枚からであるため安定性してアドバンテージを稼げるわけではない。
 カウンターブラストソウルブラストを必要としないので2ターン目以降からグレード3を手札に加えることができ、ライド事故の回避やノーマル超越コスト確保に加えて、クロスライドブレイクライドの補助ができる。

 序盤から自然に3回目のバトルを行うのは【アクアフォース】でも難しいが、ライド事故を回避したいのであれば無理にでもリアガードを揃えて要件を満たす価値はある。
 その場合、ダメージチェックされるのを避けるために2回目までのバトルは意図的にヴァンガードヒットしない状態にしておくのも手である。

 同じくグレード3のカード手札に加えることができる《士官候補生 エリック》と比較すると、《波状螺旋の水将 ベネディクト》《ストームライダー ディアマンテス》といった有用なバトル回数稼ぎ要員を手札に加えることができないのは痛手である。
 自身を消費しないため複数回の誘発を狙うことができ、カウンターブラストも節約できる点とパワーで優れている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「メイルストローム」が率いる精鋭部隊「蒼嵐艦隊」の一員。 誕生してまだ数か月の新人の為、「候補生」を名乗っているが、その実力はすでに兵長クラスに匹敵する末恐ろしい将来性を秘めた少年。 他の候補生たちと同じ訓練メニューでは物足りないのか、しばしば違反と知りながらも勝手に訓練海域を抜け出し、よりハードなメニューを淡々とこなしていた。 現在製造が開始されている最新型、その一つ前の世代の中で最後に生まれたのが彼であり、天才という言葉が生温く聞こえる程の戦闘スキルから、誕生の際に何者かが手を入れたのではないか、という噂まで立っているらしい。 上官に対しても横柄な問題児だが、中将「メイルストローム」だけは目指すべき強さの象徴として常日頃から尊敬していた。その為か、蒼嵐艦隊に配属されてからは驚くほど模範的に日々を送るようになったという。

FAQ 節を編集

  • Q775 (2014-02-27)
    Q. 『そのターンで3回目以降のバトル中』などの、『バトル』とはいつからいつまでですか?
    A. アタックするユニットを選んだタイミングから、クローズステップ開始時(ダメージを与えたり、リアガードやガーディアンを退却させた後)までが、1回のバトルです。
  • Q809 (2014-02-27)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 見たカード全てを山札に戻してシャッフルして下さい。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/040 R イラスト/竜徹少年の小さな誓いは、やがて運命の渦となる。