《タイダル・アサルト/Tidal Assault》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
アクアフォース - アクアロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【ターン1回】:このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、あなたの《アクアフォース》のヴァンガードがいるなら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、このユニットのパワー-5000。

 絶禍繚乱で収録されたグレード2のアクアフォース

 《波状螺旋の水将 ベネディクト》グレード2版。

 グレード2の枠でこの能力を使用できるという点は、【アクアフォース】バトル回数増加の選択肢を大きく広げられるものであると言える。

 パワー10000のヴァンガードに対する決定力で劣るものの、パワー10000のヴァンガードと相対する機会は限られてくるため、それほど大きな欠点にはならない。

 このカードの場合、最速3ターン目からリアガードサークルに置くことができ、4ターン目でも3ターン目で相手パワー10000以上のカード等をライドしていなければ序盤から多大なシールドを消費を誘っていくこともできる。

 《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》との相性も良く、《蒼嵐水将 スピロス》《マグナム・アサルト》と違ってコストも無いので、パワー4000になってスタンドしたこのカードはあちらのレスト呪縛コストに適している。
 ただし、このカードスタンド状態にしたまま4回目以降のバトルを行うには、他のカードによってバトル回数稼ぎを行う必要があるため、難易度は少々高い。

 リアガードアタックした際には能力誘発せず、パワーも減らないので、このカード《天羅水将 ランブロス》《打寄せる波紋 ミルティアディス》能力等によってスタンドする算段があるのであれば、インターセプト潰し等も兼ねつつ敢えてリアガードアタックしてみるのも面白い。

  • はじめようセット 海神の蒼騎兵での再録時に、テキスト中の「そのターン中、使えなくなる。」の表記が『【ターン1回】』という制限アイコンに変更されている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“アクアフォース”の前戦部隊「タイダル」隊兵士の総称。 配属されるのは新兵から准士官までとなっている。 波状陣形で突貫する事にのみに特化した特殊部隊であり、数ある隊の中で最も危険を伴う分、栄誉ある兵士として相応の評価を受ける。 他の前線部隊と差をつけないよう、表向きは新兵も配属されている事になっているが、戦の優劣を決定づけるような場面で投入される極めて重要な隊である為、実際には新兵は配属されず、他部隊で評価の高かった兵士、または将からの推挙を受けた者のみが所属を許される。 引いては押し寄せ、寄せては戻る――一波を退ければより強き二波が、二波を凌いだとしてもさらに強烈な三波が休む間も無く襲いかかる、“アクアフォース”至高の精鋭部隊による波状戦法。 策も持たずに対峙すれば反撃など以ての外、防ぐ事すら出来ずにただ翻弄されるのみ。


“アクアフォース”の前戦部隊「タイダル」隊兵士の総称。
「星輝大戦」以前より現在まで、部隊名もそのままに存続している、海軍きっての特殊部隊である。
昨今は大きな戦が起こらない為、かつてのような華々しい活躍は無いものの、例え訓練であっても決して気を抜く事のない厳格な姿勢で、規律を何より重んじる“アクアフォース”の在り様を体現し続けている。
が、前述にもある戦の減少が理由で、配属基準を満たす優秀な兵士がなかなか育たない為、現在は極めて優秀な者に限り新兵の配属も許可されているという。
時が過ぎ、世代が変わっても、彼らの矜持だけは変わらない。
芸術とすら言えるほどに美しく、そして苛烈な波状攻撃。
再びこの力が必要とされる時に備え、彼らはただひたすらに、己が御業を磨き続ける。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/038 R イラスト/ひと和聞こえるだろう?
遠く轟き、幾度となく打ちつける波音が!
PRカードはじめようセット 海神の蒼騎兵PR/0275 イラスト/ひと和アクアフォースの波状攻撃は、止むことのない嵐。
PRカード2017年11月度ショップファイト WINNERカードPR/0658 イラスト/ひと和(※なし)