次元(じげん)ロボ カイザード/Dimensional Robo, Kaizard》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:《ディメンジョンポリス》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 超次元の勇者で収録されたグレード2のディメンジョンポリス

 ディメンジョンポリスがこのカードライドした時限定ではあるが、《超次元ロボ ダイヤード》《鋼闘機 シンバスター》等のパワーの数値に関連する要件を含む能力ディスアドバンテージなしで使用が狙える。

 また、《次元ロボ カイザーグレーダー》起動能力を使用するためにはこのカードライドが必須となる。

 しかし、ライドされることを前提としているためライドできなかった場合は勿論、2枚目以降がパワー9000のバニラとなってしまうのが欠点となる。
 【次元ロボ】においては「次元ロボ」をコストにするカードがいくつか存在するため、その点ではある程度腐りにくい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「ダイユーシャ」サポートの命令を受けてやってきた新たな次元ロボ。 口が悪いのが難点だが、「ダイユーシャ」に引けを取らない程の実力を持ち、二挺一組の愛銃「カイザーマグナム」を自在に扱う。 クレイに転移した直後、“リンクジョーカー”の集団に不意をつかれ窮地に陥る「ダイユーシャ」の姿に幻滅し、彼を助けつつも以降は単独行動をとっていた。 その後はほとんど姿を見せる事なく、各地で散見される“リンクジョーカー”をたった一人で討伐していたが、後にスターゲート最大の危機と言われる「第一次本部襲撃戦」の際に再び次元ロボ達の前に姿を現す。 彼は誰かの正義に連なるのではなく、己の正義に従って行動する。 従って、強者である自分が弱き者の分まで戦うのは当然だと考えているのだ。 弱き者が戦わなくてもいい世界を目指し、己が強き者である事を証明し続ける為、彼は銃を構える。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

トライアルデッキ超次元の勇者TD12/006 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)(オイル)も血潮も変わらない! これがオレの正義の鼓動(ビート)だッ!
はじめようセットはじめようセット 超次元の勇者HS08/007 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)(オイル)も血潮も変わらない! これがオレの正義の鼓動(ビート)だッ!