超次元(ちょうじげん)ロボ ゴーイーグル》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):あなたのアタックステップ開始時、このユニットのパワーが19000以上なら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+2。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 はじめようセット 超次元の勇者で付属したグレード3のディメンジョンポリス

 リミットブレイクは、アタックステップ開始時にパワー19000以上ならクリティカル+2を得る自動能力

 さしずめ、要件を満たせるパワーの数値が高くなり、リミットブレイクの制限が追加された《超次元ロボ ダイユーシャ》といった性能である。
 リミットブレイクの制限の追加に加え、要件が厳しくなった分、効果量もクリティカル+2と増量されている。

 ディメンジョンポリスパワー付与は高くともパワー+4000刻みである場合が多く、このカードを使用するならば2枚を用意する必要がある上にコストの消費が激しくなりやすいため、安定して要件を満たすことは流石に難しい。
 また、クリティカルの増加を活かすためにも、《次元ロボ ダイライオン》等でリミットブレイクを有効にしてできるだけ早期に利用したいという都合もある。

 使用するならば《超次元ロボ ダイカイザー》とのコンボが有効だろう。
 クリティカル4に達する上、付与する能力で対処を困難なものにできる。
 また、《次元ロボ ゴーユーシャ》からのスペリオルライドを狙うなら、このカードの採用枚数を抑えてもコンボが狙いやすくなる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

宇宙の平和を守る使命を帯びた別次元の勇者。 老練の戦士で、当初は「ダイユーシャ」と共にクレイに渡りくる予定だったが、直前の任務で敵の罠に嵌り負傷、合体機構の破損に加え、コアへ直接ダメージを受けてしまった事から、ボディを破棄せざるを得ない状況に陥ってしまう。 その後、コアの修復完了と同時に彼が望んだボディは、「ダイシールド」、「ダイバレット」と同じ一点特化型。 稼働時間にかなりの制約がかかるものの、常に超次元ロボ形態を維持する事ができる最新式の身体だった。 本部から「ダイユーシャ」の信号が途絶えたとの報告を受け、“Я(リバース)”なる現象の存在を知った後、慣らしも十分では無いままに、彼はクレイへと飛び立った。 道を誤った若輩者に再び、勇者の何たるかを教え直さなければならない。 新たな力と新たな使命を胸に、今また一人の勇者が次元を超える。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードはじめようセット 超次元の勇者PR/0175 イラスト/汐山このむ勇者よ、大宇宙を翔けろ!発進!ゴーイーグル!