【マシニング】

概要

 ソウルを中心として、レストでのスペリオルコール、それを補うスタンドスタンド封じ、パワー増加など様々な特性を持つ「マシニング」を中心とした【メガコロニー】

構築について

「マシニング」のカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「マシニング」以外のカード

―Gユニット

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点

 《マシニング・スターグビートル》《マシニング・スコルピオ mkⅡ》能力ではレスト状態でスペリオルコールされるため、そのターンでの即戦力にはならないという欠点がある。
 《マシニング・リトルビー》能力などで補いたい。

 グレード3以上の「マシニング」のカード能力は強力だが、エスペシャルカウンターブラストや「ソウル」の「マシニング」を利用するカードが多いため、メインデッキに「マシニング」でないカードが採用しにくい点がネックである。

 また、他の【メガコロニー】と同様にスタンド封じをしたリアガードコストにしてしまえる【シャドウパラディン】【リンクジョーカー】【青き炎】【ペイルムーン】【グランブルー】【銃士】なども得意としない。

 同様の理由でスタンドトリガーを採用しているケースが多い【アクアフォース】【ノヴァグラップラー】も苦手。

関連リンク