《マシニング・タランチュラ mkⅡ(マークツー)/Machining Tarantula mk II》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「マシニング・ホーネット mkⅡ」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのドライブチェックであなたの(V)にいるユニットと同名のカードがでた時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、相手のヴァンガードをすべて選び、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。
【起】【(V)】:[【ソウルブラスト】(2) - カード名に「マシニング」を含むカード] 相手のリアガードを1枚選び、そのユニットは、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 夏のレギオン祭で配布されたグレード3のメガコロニー

 シークメイトの指定カードは相手リアガード1枚のスタンドを妨害できる《マシニング・ホーネット mkⅡ》

 双闘状態での能力は、ドライブチェックヴァンガードサークルにいるユニット同名のカードが出た時にカウンターブラスト(1)で次の相手スタンドフェイズ中の相手ヴァンガードすべてのスタンドを封じる自動能力

 ドライブチェックの結果次第という不安定さは否めないが、相手に依存することなく、かつカウンターブラスト(1)という低コスト相手ヴァンガードスタンドの妨害を行えるのは強力である。
 ただし、「相手ヴァンガードを全て選び」とあるので《夜陰の紳士 サン・ジェルマン》等で相手ヴァンガードすべてに抵抗を与えられると妨害されてしまう。

 また、「マシニング」のリアガードを4枚以上用意できてノーマル超越ができるのであれば、《甲殻怪神 マシニング・デストロイヤー》能力を利用した方が良い場合が出てくるが、逆にそれが難しい場合にはこのカード能力の方が活きる場合が出てくるので差別化はできる。

 起動能力エスペシャルソウルブラストとなっているため「マシニング」でのライドを繋げていく必要はあるが、スタンド封じと平行してシークメイトコストを稼ぐことができる。

 ただし、ソウルの「マシニング」が無くなると《マシニング・マンティス》などが使えなくなってしまう為、注意したい。
 併用するなら《マシニング・アーマービートル》や、【マシニング】であるなら《マシニング・モスキート》《マシニング・スレイター》の採用を検討するなどしてもいいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

数百体の「マシニング・タランチュラ」から回収したデータを解析し、その欠点を補って製造された後継機。「マシニング・ホーネット mkⅡ」との連携を想定してステータスを調整されている。ホーネットのスピードで翻弄し、タランチュラのパワーで砕く、というのが、基本かつ必殺のスタンス。

  • 「mkⅡ(マークツー)」とは、イギリス軍などで改良型を示す名称などに用いられている言葉である。「mk」は「Mark」の略であり、日本語の「~型、~式」に相当する。
  • 「タランチュラ」については《マシニング・タランチュラ》を参照。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード夏のレギオン祭PR/0231 イラスト/汐山このむ蜘蛛の巣は、将と兵士を差別しない。
PRカード月刊ブシロード2015年10月号MB/033 イラスト/汐山このむ量産機のデータを解析し、より凶悪に進化する。